スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パソコン、インターネット…年寄りの甘え

私はすでにネット接続のパソコンはWindows7ですが、実家の両親宅ではまだXPのままです。
もう7年ほど使っているので、2014年4月9日のサポート終了前に買い替えることは、一応納得させました。(笑)
消費税率も4月から上がるし、その前に新しいパソコン購入の運びとなりそうです。

しかも両親は5月に都市部のマンションに引っ越すので、現在のADSLから光に契約変更するなど、ネット環境も一変することに。
現在は田舎のそのまたはずれ(笑)のADSLでパソコンも古いため、Youtubeは画面の表示がすごく遅く、ニコ生は低画質に切り替えないとすぐに止まり、Twitter程度でもブラウザが頻繁に落ちる…と、散々ですが、ほとんど改善すると思われます。

しかしこれら買い替えや、契約変更に伴う手続きなど一切を「良く分からないからお前がぜんぶやってくれ」と、私に丸投げしてきたんです…(苦笑)
マンションの手続き会にも私が同行して補助説明しないと、ITインフラ担当の人とサッパリ話ができない状態です。
7年間もパソコンやネットを使ってきて、その仕組みや基本用語などが全く理解できてない(理解しようともしなかった)んでしょう。

年寄りだからって甘えないで欲しいんですけどね。
リタイアした人なんて、勉強する時間はいくらでもあるのに。
結局、わからないまま放っておくと、困るのは自分なんですが…

テーマ : Windows
ジャンル : コンピュータ

tag : Windows パソコン初心者 インターネット

WindowsLiveメールが「オフライン」のままで受信できない

去年の末頃から、Windows7のLiveメールを起動させると「オフライン」になっている現象がたびたび起きて困っていました。
メールを受信しようとすると、「オンラインに切り替えますか?」というメッセージが出るので、「はい」をクリックしてもまた同じメッセージが出ます。
再度クリックすると、今度はエラー一覧のウィンドウが表示され、複数アカウントのメールが全て受信できません。
(たぶん送信もダメなはずです)
パソコンを再起動させたり、しばらく時間を置いてもう一度試すなどしているうちに上手くいくのですが、手間がかかるしストレスになっていました。

ところが昨日~今日と、何度やってもオンラインにならない状況が続いたので、とうとう頭に来て(笑)ネットで解決策を探してみることにしました。
検索キーワドは「Windows Liveメール オフライン」です。
…やはり同じ問題で困っている人が多数いたんですね~!

こちらのページ↓の最初の方法で、無事オンラインに戻すことが出来ました。
Windows Liveメールが「オンライン」にならない!

しかし不思議です…私はWindows7のPCにしてからもメインのブラウザはGrani、最近になってChromeを併用するようになったので、ほとんどInternetExplorerは使ってないのですが、どうして「オフライン作業」にチェックが入るのでしょうね?
LiveメールとInternetExplorerがどこかで連動してるのかもしれませんが、全くもって変な仕様(バグ?)です。
でもまあ、とりあえず解決できたので良かったです。
PCトラブルはやっぱりネットで調べると早いですね。

テーマ : Windows 7
ジャンル : コンピュータ

tag : Windows メール トラブル

電王戦リベンジマッチは研究発表会?

2013年の大晦日に行われた、船江恒平五段と将棋ソフトウェア「ツツカナ」の電王戦リベンジマッチ、私は後半から視聴してそれなりに面白かったのですが、後からネットで色々と情報を得ると、ツツカナを研究し尽くした船江五段の「研究発表会」でしかなかったようですね…。

将棋電王戦リベンジマッチ観戦記(ニコニコニュース)

このリベンジマッチ、私は事前にレギュレーション(対戦規則)を詳しく知りませんでした。
後で分かったことは、ツツカナは第2回電王戦の時とプラグラムの変更は一切無し、しかもそれを事前に対戦相手に貸し出したので(強制的なのか善意なのかは不明)、船江五段はそれを使っていくらでも練習対局ができたということです。
ぶっちゃけ何回か対戦して、そのうち「勝った指し手」を本番でも再現すれば、簡単に勝ってしまうのでは?と素人目にも思うのですが…どうなんでしょう?

ソフト側が、ほぼ互角な手が複数ある時はそのどれかを指すとか、任意のポイントでランダムに指し手を選ぶようにプログラムされていれば多少の「変化」はつきそうですが────。
もしもある局面でソフト側が計算により「最も有利な指し手」を選ぶとすれば、答えは1通りしかないので、序盤から人間側が決まった手を指し続けるとソフトの指し手も同じになり、何度でも同じ勝負が再現できることになりますよね。
事実、今回のリベンジマッチでは序盤、少考するツツカナに対し、船江五段はほとんど時間を使うこと無しに指していったそうです。
もう「分かってる」んでしょうね。

続きを読む

tag : 将棋 ニコニコ生放送 ソフトウェア

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。