スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色の編集ダイアログ

Windows標準の色の編集ダイアログを見てみましょう。
画面の設定や、画像加工ソフト等で共通して使われるので、使い方を知っておくと便利です。
手っ取り早く?このダイアログを出すには、「ペイント」を使います。
すべてのプログラム⇒アクセサリ⇒ペイントを起動したら、メニューの「色」⇒「色の編集」をクリック。
色の編集ダイアログ

ここに用意されている基本色以外を作るには、下の「色の作成」をクリックします。

すると右側に、こんな画面が出ますね。
色の編集パレット

虹色のパレット上をあちこちクリックしてみてください。
「色」ボックスが変化しますね。
パレットの上の方は鮮やかな色、下に行くとくすんできます。
左右は色合いを表しています。
右端の縦長のバーは、明るさです。
これも、上や下をクリックしてみましょう。

こうして色を作っている時、右下の「赤・緑・青」の数値も連動して変化しています。
この数字が今「色」ボックスに表示されている色の、RGBカラー値になります。
ですから、「Webサイト配色見本」のような本を見て、使いたい色のRGB値がわかっているなら、直接その数値を入力してもいいのです。

このようにして色を決めたら、「色の追加」をクリックすると、ダイアログ左側の「作成した色」に一時保存されます。
「OK」で(ペイントの場合は)前景色になります。
何色も作っておきたい時は、「作成した色」の白いボックスをクリックしてから色を作り、その後「色の追加」をクリックして下さい。

画像ソフトの中には、そのソフト独自の色設定ダイアログを持つものも多いのですが、色の作り方の基本は同じです。
色の作り方がわからず、「原色」しか使えない人が時々いますが、フルカラーなら1677万色以上も表現できるのですから、楽しみながら色を作れるようになりましょう。
↓↓↓こんなビミョ~な色もパソコンで出せますよ。
渋い色を作成してみた


テーマ : Windows 全般
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。