スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「参照」でカスタマイズ

Windowsでは色々な設定ダイアログで「参照」というボタンを見かけます。
クリックすると、ファイルを選択するダイアログが出るので、そこで(必要ならフォルダの場所を探して)ファイルを選択した後「開く」と、そのファイルが使えるのです。

大抵はWindowsにあるファイル以外の、自分で用意したものを設定する時に使います。
つまり「参照」でカスタマイズができるわけですね。
フォルダのアイコン変更を例に見てみましょう。
右クリック⇒プロパティ⇒「カスタマイズ」タブの「アイコンの変更」をクリックした画面です。
アイコンの変更ダイアログ

表示されているのはWindowsに用意されているアイコンですが、これら以外のものを使いたい時は、「参照」をクリックします。
ファイルの選択画面で、自分で作ったりダウンロードしてきたアイコンファイル(拡張子.ico)があるフォルダを探して開きます。
アイコンの選択画面

使いたいファイルを選択して「開く」をクリック、後は前のダイアログに戻るので、順に「OK」していけばアイコンが変わりますよ。
参照の対象にするファイルは、わかりやすい場所に保存しておき、設定した後は場所を変えないようにしましょう。

同様にして、XPの「ようこそ画面」やスタートメニューの上に出るアカウント別の画像も、自分で用意したものに変えられます。
まず、コントロールパネルの「ユーザーアカウント」からユーザーを選択します。
アカウントの変更画面

↓↓↓「画像を変更する」でこの画面になります。
アカウントの画像を変更

Windowsにも色々画像が用意されていますが、「ほかの画像を参照する」で、マイピクチャが開きます。
お気に入りのデジカメ写真や、自分で描いた似顔絵!?などを選択することができますよ。

他にもサウンドファイルなど、「参照」でオリジナルのファイルを使える箇所はたくさんあります。
自分でファイルを用意して色々やってみると、結構勉強にもなるし、楽しいですよ♪

テーマ : Windows 全般
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。