スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポインタを変える

パソコンを使っている時、目はほとんどポインタ(あの矢印!)の先を追っています。
ですが最近のパソコンは、ノート型でも解像度が横1280ピクセルなどというのはザラで、標準の状態では小さくて見づらいのではないでしょうか。
ポインタはたくさんの種類が最初からWindowsに用意されていて、簡単に変えられます。
コントロールパネルからマウスのダイアログを開きましょう。
2番目の「ポインタ」タブがこれです。

ポインタ設定ダイアログ

デザインの右横をクリックすると、あらかじめセットされたたくさんのポインタの組み合わせが、ズラッと出てきます。
遊び心に溢れたアニメーションのポインタなどもありますが、とりあえず「拡大ポインタ」などの大きめのものを選んでみましょう。
「適用」ボタンですぐに変わります。
今までのポインタで不自由を感じていなかった人でも、やはり「大きいと見やすくてラクだ」と思うに違いありません。

この「ポインタが変えられる」ということ自体を知らない人が結構いるんですよね。
これもメールだのインターネットだのという勉強をする前に、やっておくことだと思うのですが。
見づらいポインタで目が疲れてしまっては、パソコンを使うのが苦になるだけですから。

テーマ : 初心者のために・・・
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。