スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「システムの復元」を3回も・・・!

前回の記事にある通り、調子に乗ってソフトをガンガンインストールしていたら、ついにマズイことになっていまいました。
海外製(英語版)のカードゲームソフトPySolFCなんですが、画面表示のフォントを変更するダイアログで、ついうっかり和文フォントを指定したら、ちゃんと表示はされたんですが、その後再変更ができなくなってしまったんです。
で、そのダイアログを閉じるとエラーが出てソフトが終了してしまいます!

エラーログを見ると、(わけのわからない英数字が並んでいて意味不明なのですが)Unicodeがどうとか・・・とあります。
どうも文字コード関係のエラーらしい・・・・・たぶん和文フォント独自のShift-JISが使えない(認識できない?)のに指定したからのようです。
海外製ソフトはファイル名等に日本語を使うとエラーが出ることがあるから注意、とか知ってたのに・・・・・ううう。(ToT)
それで仕方なくPySolFCをアンインストールして、もう一度入れなおしました。
ところが、それでも直らないんです!

おまけに起動すると、さっきやっていたゲームの終了画面がそのまま再現されています。
一度アンインストールしてるのに・・・・・どうもこのソフトに関する情報がまだパソコンに残っているのですね。
「じゃあしょうがない、システムの復元だぁ~」と決めたものの、どこまで戻すか?で困ってしまいました。

復元ポイントのカレンダーを見ると、このPySolFC自体は、インストール時に復元ポイントは作られていません。
一方Pixia、Terragen、そしてSinger Song Writerは作られています。
しかし・・・・・ガンガン連続してソフトをインストールしていたため、順番をはっきり覚えてないのです。(^o^;)
「PySolFCって、どこで入れたんだっけ???」

とりあえずPixiaまで戻して、PySolFCを再インストール。
・・・・・やっぱり直りません。
Terragenまで戻します・・・・・まだダメ。
ええ~い!もうめんどくさい、セットアップ直後まで戻したるぅ~!!!

・・・・・・・・ようやくPySolFC、正常になりました。
きっと、このソフトのフォント情報を記録したレジストリが残ってたんでしょうね。

しかしパソコンは、またタッチパッドの左利き設定(左手操作なので)からやり直すハメに・・・・・(ToT)
ソフトもまた全部入れ直しだし。
同じことを何度もやるってホント疲れます。

やっぱり立て続けにソフトをインストールするものではありませんね~。
せめて「順番」くらいは記録しておくべきでした。
まあ、トラブルも勉強のうちだと思うことにします。
いい経験になりました。 (^ ^;ゞ

テーマ : トラブル
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。