タッチパッドの設定

タッチパッドを設定するには、コントロールパネルの「マウス」を開き、そのダイアログで該当するタブを探します。
私のパソコンでは、こうなっています。
タッチパッドの設定タブ

表示されるダイアログは使っているパソコンによって違うと思いますが、この辺り?を開いたことがない人は、一度見ておいて損はないですよ。
画面の指示に従って順にダイアログやタブを開いていくと、例えば次のように、タッチパッドの各種設定ができるようになっているはずです。

タッチパッドの設定ダイアログ

タッチパッドの設定ダイアログ

実際にタッチパッドを操作しながら、使いやすく調整していきましょう。
タッピングは、パッドを指で軽く叩くと「クリック」になる(2度叩けばダブルクリック)という便利な機能ですが、「クリックしたつもりがないのにクリックになってしまう」と、嫌う人も多いようです。
タッチパッドが敬遠される大きな理由の1つだと思いますが、これを無効にしてしまうと、タッチパッドを使う良さが失われてしまうので、ぜひ「有効」にして使って欲しいところです。
「誤クリック」にならないようにするには、ちょっとしたコツをつかめばいいだけなので。
なお、タッチパッドは直接指で触れないと反応しないので、服の袖口などが触った等で、クリックになったりポインタが動いたりすることはありません。

テーマ : パソコン豆知識
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました。
★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR