スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vistaより2000?

書店に行くと、コンピューター関係のコーナーはVista関連の本や雑誌がバンバン平積みになってますね~!
XP搭載パソコンを「駆け込み買い」したばかりの私ですが、やっぱり気になるのでVistaの本もあれこれ覗いてみました。

一番注目したのは「定番フリーソフトのVista対応状況」・・・・・つまり、Vistaでも動作するかってことです。
(あくまで現時点で、ということですが)
ざっと見たところ、大部分(8~9割)はVistaでも何とか使えるようです。
一応「ホッ♪」としました。 (^_^;)
パソコンを使うようになってから、OSの切り替え時期を体験するのは初めてだし、何しろ私のパソコンにはフリーソフトを100本以上もインストールしてあるのです・・・・・毎日のように全てを使ってるわけじゃありませんが、「無いと困る」ソフトも多数。
このブログだって、フリーソフトがなければ、画像なんかは用意するのが大変ですし。

パソコンは基本ソフトより応用ソフトで使うものだと思ってるので、私にとっては「使いたいソフトがちゃんと動くか」というのが一番大事なのです。
時々、「使いたいソフトが何々でしか動かないから」と言う理由で、すごく古いOS(Windows95とかDOS・・・!)を使ってる人がいますよね。
自作パソコンに入れたり、パーティションを切って今のOSとダブルブートにしてるとか。
そういう意味では、プリインストールのOSより、(少々値段が高くても)パッケージのを買っておいた方が、「永遠に」使えていいような気がします。
ネットにつながなければ、それでもいいわけですよね。
プリインストールのは、パソコンが壊れたらそれで終わりですから。

ところで先日、愛用しているあるフリーソフトのサイトを見たら、作者の方が「Vistaに乗り換えるつもりはないので、もしVistaで動かして不具合が出ても、ソフトを改良できる環境になく、対応できません」とありました。
ちなみにソフトの開発環境は、Windows2000だそうです。
このWindows2000、プログラマーやパソコン自作派の人など、いわゆる「通」の方に人気がありますね。
話を総合すると、OSとしての基本機能がちゃんと押さえられいる上に安定度抜群、しかもXPの余計なゴテゴテ?が付いてないので「軽い」、ということらしいです。
何でも、探せばまだ売っている、とか・・・・・?
OSの改良(改悪?)に振り回されたくなければ、買っておくのもいいんでしょうか。
今のところLinux等では使えるソフトが限られているので、当分Windowsを捨てられないと思うんですよ、私としては。
フリーソフトの数なら、やっぱりWindowsなので・・・・・。

テーマ : Windows Vista
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。