スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そもそもフォルダとは?

Windowsではファイル(文書・画像などひとまとまりのデータの最小単位)を、フォルダという「入れもの」の中に保存して管理します。
どんなファイルも、必ずどこかのフォルダの中に入っています。
そして、フォルダの中にさらにフォルダを作って、そこにファイルを保存することもできます。
このようにしてWindowsのたくさんのファイルは、種類や用途別に分類され、ゴチャゴチャにならないように管理されているわけですね。
ユーザーが自分で保存したファイルの置き場所として、最初から用意されているフォルダ、マイドキュメントについて見てみましょう。
こんな風に、各フォルダが「入れ子」式になっています。
マイドキュメントのフォルダ構成

マイドキュメントの中にマイピクチャ(画像ファイル用)やマイミュージック(音楽ファイル用)などのフォルダがあり、さらにその中にも必要なら自分でフォルダを作って、ファイルを保存できるわけです。
また、マイドキュメントにあるけれど、それ以外のフォルダには入っていない、いわば「裸のまま」のファイルもありますね。

自分でわかっていれば、どのようなファイルの分類&整理の仕方でも構わないのですが、この「入れ子式」のフォルダ構造だけは、しっかり理解しておきましょう。
またWindowsのシステムファイルも、Cドライブ内のたくさんのフォルダの中に分類して保存されています。

ところで、マイドキュメント自体も1つのフォルダなので、実はその「上」の階層のフォルダの中に入っています。
マイドキュメントフォルダで、ツールボタンの「上へ」をクリックすると・・・・・ハイ、そこはデスクトップ!(笑)
デスクトップも特殊なフォルダ

デスクトップも1つの(特殊な)フォルダなのですね。
つまりデスクトップにファイルやフォルダ、ショートカットを置いているのは、デスクトップ・フォルダに保存しているということなのです。
実は「ごみ箱」も同様・・・・・ファイルを削除すると一旦ごみ箱に入りますが、それは「ごみ箱フォルダ」に(とりあえず)「保存」しているだけ。
ファイルをごみ箱フォルダから削除して、初めて本当に削除したことになるのは、そういうわけなのです。

テーマ : Windows 全般
ジャンル : コンピュータ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Vistaはマイドキュメントじゃないんです。

なんかVista記事ばかりですね。さて、今回は、PASONAさんが書かれている、そもそもフォルダとは?に反応してみました。PASONAさんの記事では「マイドキュメント」を例にフォルダの解説をされています。私の

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。