スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何気に重宝!TeraPad

文字と改行情報だけのファイルをテキストファイルと言い、それを編集するためのソフトをテキストエディタと呼びます。
通常の文書作成の他に、Webページを作る時のHTMLやスタイルシート、そしてパソコンを動かすプログラムも、実はテキストエディタで書かれているのです。
このように、パソコンでは最も基本的なソフトなのですが、残念ながらWindowsには、「メモ帳」というお世辞にも出来がいいとは言えないテキストエディタが付属しているのみ。
で、この「メモ帳」に代わるテキストエディタとして私が愛用しているフリーソフトがTeraPadです。
一体どこが違うのでしょうか。
同じテキストファイルを表示させて比べてみました。
まず「メモ帳」です。
メモ帳の画面

TeraPadではこうなります。
TeraPadの画面

これはあくまでも一例です。
文字の大きさやフォント、背景色、行番号や空白記号表示の有無などは好みで自由に設定できます。
また、この図では表示モードをHTMLにしているので、<>で囲まれたHTMLのタグが色分け表示になっていますね。
この他にも「メモ帳」と比べると、はるかにたくさんの便利な機能があり、必要なものを最初に設定しておけば、とても使いやすいテキストエディタになります。

これはメニューの「表示」⇒「オプション」とクリックして、設定ダイアログを開いたところです。
TeraPadの設定画面

たくさんのタブがありますが、これでもTeraPadは機能的にはシンプルで、動作の軽快さを売りにしている初心者向けテキストエディタです。
つまり、プロの物書きのような人は別にして、ごく一般のパソコンユーザーで「特に注文はないけど、メモ帳じゃアンマリだから」と言う人には、「とりあえずコレ使ってみ~♪」と、自信を持って?お勧めできるのがTeraPadなのです。

ちなみに「Tera」は、ソフト作者の寺尾進さんの名前から来ているのだと思いますが、同時にコンピュータのデータ単位「テラ」(ギガの1000倍)を連想させ、カッコイイですね。
とても素敵なネーミングだと思います。 (^ ^)

テーマ : 初心者のために・・・
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。