スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフトのアンインストール

ソフトのインストールの反対を、アンインストールと言います。
インストールが「組み込む」だとすれば、「はずす」とでも言えばいいでしょうか。
簡単に「削除」と言う場合もあります。
パソコン初心者には、「インストールはやったことあるが、アンインストールはやったことがない」という人も多いかもしれませんね。
ではまず、どういう時にソフトをアンインストールする、あるいはアンインストールしなければならないのでしょうか。

まず、そのソフトが必要なくなった場合が考えられます。
入れておいても不都合はありませんが、サイズの大きいソフトだと、ハードディスクの場所ふさぎですよね。
ソフトが多いとWindows側の仕事も増えるので、余計なものははずしてしまう、というのは1つの考えです。

他のパソコンで使うために、今までのパソコンからアンインストールする時もあります。
一般の市販ソフトで、購入したライセンス(ソフトの使用権利)が「パソコン1台」だった場合、同時に2台以上のパソコンでそのソフトを使うことはできないからです。

ソフトをバージョンアップする時、古い方をアンインストールしてから新しい方をインストールする、というソフトもあります。

今まで普通に使えていたソフトが、何かの原因で急に起動しなくなったり、エラーばかり出て使用に耐えなくことがあります。
そういう時は、一旦そのソフトをアンインストールして、もう一度インストールし直すと使えるようになることがあります。
いわゆる「再インストール」ですね。

また、あるソフトをインストールしたら、パソコン全体の具合がおかしくなったという時も、まず当該ソフトをアンインストールしてみる必要があります。
(元に戻る、という保障はありませんが)

さらに、ウイルス対策やファイヤーウォール等のセキュリティ・ソフトは、2種類以上1台のパソコンに入れると、競合してまずいので、他社製品に乗り換える時は、今まで使っていたものをアンインストールしなければなりません。

こうして挙げていくと、結構アンインストールが必要な場合があるものですね。
アンインストールする時は、スタートメニューの「すべてのプログラム」を表示して、その中に「削除」「アンインストール」「uninstall」などの項目があれば、それをクリックすれば作業が始まります。
アンインストール

そこになければ、コントロールパネルの「プログラムの追加と削除」から行いましょう。

テーマ : 初心者のために・・・
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。