スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他の人が使うファイル

ファイルをメールに添付したり、ホームページやブログなど、Webで公開する場合には、ファイルの形式に注意しましょう。
自分のパソコンだけでファイルを使うなら、それほど気にしなくていいのですが、他の人に利用してもらうにはルールがあります。
パソコンの環境は1台1台違います。
自分のパソコンで開けるファイルが、他のパソコンでも開けるとは限りません。
また、インターネットでは使えないファイルの種類もたくさんあります。

まずメールの添付ファイルですが、相手のパソコンの環境がわかっていない時は、特定のソフト独自のファイル形式にして送ってはいけません。
相手のパソコンにそのソフトがインストールされていなければ、開けないからです。
例えば、ワードの.doc、エクセルの.xlsは独自形式です。
全てのパソコンにワードやエクセルが入っているわけではないし、またこれらはかなり高額な有料ソフトです。
(意外とそのことを知らない人が多くて驚きますが)
これらと互換性のあるソフトや、ビューア(閲覧用のソフト)もありますが、ファイルを開くために相手に余計な手間や負担をかけるのは、良いことではありません。
事前に相手の環境を問い合わせるか、テキスト(.txt)やカンマ区切りテキスト(.csv)などの汎用形式にして送るのがマナーでしょう。
いずれにせよ、メール本文の中で添付ファイルの形式や開き方等について一言触れておくと親切です。
それにはまず、自分がファイル形式のことを良く知っていなければなりませんよね。

Web上でファイルを公開する時も同じです。
「ペイントで描いたイラストがブログにアップできない!」と言って騒ぐ人が時々いますが、Webでは使えないBMP形式にしてファイルを保存している場合がほとんどです。
ファイルを保存する時に、拡張子に無頓着でいるとこういうことになってしまいます。
ペイントのファイル保存画面

ペイントは非常にシンプルなソフトですが、それでもこれだけのファイル形式に対応しています。
リストボックスを開いて、よく確認しましょう。
無用なトラブルを避けるためにも、日頃からファイルの形式や拡張子に注意を払ってパソコンを使うことが大切です。

テーマ : 初心者のために・・・
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。