スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

画像ファイルの色々

同じ「画像」ファイルでも、様々な形式があります。
ソフト独自のファイル形式は別としても、どうしてこんなに色々あるのでしょうか。
デジカメ写真でおなじみのJPG、Web上で良く使われてきたGIF、比較的新しい形式のPNGについて、写真に文字入れした同じ画像を使って、比較してみました。
まずPNGです。(97.7KB)
PNGで保存した画像

GIFです。(25.5KB)
GIFで保存した画像

JPGです。(13.3KB)
JPGで保存した画像

どうですか? 随分違いますね。
PNGは綺麗ですが、ファイルサイズ(データの量)が大きいです。
特にWeb上では、できるだけファイルサイズを抑えた方がいいのですが、これではちょっと・・・かもしれませんね。
GIFは256色しか使えないため、たくさんの色を使った画像やグラデーションが苦手です。
栗の甘露煮がザラザラになってます。(^_^;)
JPGは文字の部分が色ムラになってしまいましたね。
ですが、ファイルサイズは最も小さくなりました。

実はPNG・GIF・JPGは、いずれも「画像を圧縮して保存する」形式です。
これと同じ画像をWindowsの無圧縮画像ファイルBMPで保存すると、何とファイルサイズは154KBにもなってしまいます。
これを少しでも小さくするために、それぞれの形式で独自のデータ省略法を採用しているわけですね。
一般に、GIFは色数の少ないイラストや図、JPGは色数の多い写真やグラデーションを多用したイラスト、PNGはそのどちらでも良い圧縮結果が得られない時に使うといいようです。
それぞれの形式の特徴をよく理解して、上手に利用しましょう。

(各形式の圧縮状態やファイルサイズは、使用した画像により結果が異なります。これはあくまで一例としてご覧下さい)

テーマ : 初心者のために・・・
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。