スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電王戦リベンジマッチは研究発表会?

2013年の大晦日に行われた、船江恒平五段と将棋ソフトウェア「ツツカナ」の電王戦リベンジマッチ、私は後半から視聴してそれなりに面白かったのですが、後からネットで色々と情報を得ると、ツツカナを研究し尽くした船江五段の「研究発表会」でしかなかったようですね…。

将棋電王戦リベンジマッチ観戦記(ニコニコニュース)

このリベンジマッチ、私は事前にレギュレーション(対戦規則)を詳しく知りませんでした。
後で分かったことは、ツツカナは第2回電王戦の時とプラグラムの変更は一切無し、しかもそれを事前に対戦相手に貸し出したので(強制的なのか善意なのかは不明)、船江五段はそれを使っていくらでも練習対局ができたということです。
ぶっちゃけ何回か対戦して、そのうち「勝った指し手」を本番でも再現すれば、簡単に勝ってしまうのでは?と素人目にも思うのですが…どうなんでしょう?

ソフト側が、ほぼ互角な手が複数ある時はそのどれかを指すとか、任意のポイントでランダムに指し手を選ぶようにプログラムされていれば多少の「変化」はつきそうですが────。
もしもある局面でソフト側が計算により「最も有利な指し手」を選ぶとすれば、答えは1通りしかないので、序盤から人間側が決まった手を指し続けるとソフトの指し手も同じになり、何度でも同じ勝負が再現できることになりますよね。
事実、今回のリベンジマッチでは序盤、少考するツツカナに対し、船江五段はほとんど時間を使うこと無しに指していったそうです。
もう「分かってる」んでしょうね。

私はその前半を(良くも悪くも)見損ね、しかもちょうど船江五段が長考していた時に見始めたので、「おお、真剣に考えてるなあ」なんて思ったのですが、もしも最初から観戦していたら少々シラケたことでしょう。
今思うと船江五段は、考えていた…と言っても表情には余裕が感じられ、第2回電王戦の時の「必死の形相」とは程遠かったです。
大晦日の「イベント」だからかなぁ、と私は善意に取ってましたが、練習で体験した既知の局面を再現していただけだったのかもしれません。

「ソフトを対戦相手に貸し出し、それ以降のプログラム変更は認めない」というルール?は、第3回電王戦でも適用されるので、それも含め第2回電王戦にプエラαで出場した伊藤氏のブログ↓でも、記事やコメントで議論が交わされています。

リベンジマッチ(&第3回電王戦)について

私は将棋は超初心者だしプログラムのことも素人なので、どういう見方が正しいのか判断できませんが、第3回電王戦が手放しで真剣勝負を堪能できるルールでないことは確かなようです。
大きな盛り上がりとドラマを生んだ去年の第2回が、対決の「頂点」だったのでしょうかねえ…?

tag : 将棋 ニコニコ生放送 ソフトウェア

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。