スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジタルで文章を書くということ

ワープロソフトやテキストエディタを使って、デジタルで文章を書くことは現在ではごく普通のこととなりました。
ブログのように、Webブラウザに直接入力して書く場合も同様ですね。
ところがデジタルのツールで書いていても、文章を書くプロセスがアナログと同じ人が非常に多くて残念…という文をどこだったかで見て、ああ自分もそうだと気づいたことがあります。

文を初めから順に書いていき、後で読み直して適宜修正する…というのがアナログの基本的な書き方です。
ツールがデジタルでも、そのように書いている人がほとんどですよね?
それでもデジタルは「修正」が簡単なので、私は十分便利と思っていたのですが…。
(手で書くよりもキーボードの方がラクなのは当然のこととして)

ではデジタルならではの書き方とは何か?
順番はどうでもいいからとにかく思いついたことから書く、あるいは一番重要なことをまず先に書き、後から「切り取り&貼り付け」で並べ替えたり、前後を埋めていく…という書き方だそうです。
なるほど、確かにデジタル・ツールなら、それが簡単にできますね。
アナログでそれをやったら書いたり消したりが大変だし、ノートや原稿用紙が汚くなってしまいます。
後から読んだらグチャグチャで、何が何だか分からないことにもなりかねません。

なるほどと思ってブログ記事を書く時に、テキストエディタ(Webに直接書くよりも編集しやすい)で「思いついた文から書く」を何度かやってみました。
内容によっては利点もあるのですが、どうもダメなんですね…気がつくと「前から順番に」書いているんですよ…(苦笑)
人生の途中になって、突然文章を書く時の思考法を変えようとしても、難しいのかもしれません。
でもまだ試していない方は、やってみる価値はあると思います。
「あ、これなら楽に書ける、デジタルありがたいな~」という人もきっといるでしょう。

ですが私は…この記事も、最初から順番に書いてしまいました。(^ ^;)

テーマ : コンピュータ
ジャンル : コンピュータ

tag : パソコン デジタル ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。