スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「電王戦タッグマッチ」感想

ニコニコ生放送で、電王戦タッグマッチを視聴しました。

電王戦タッグマッチ公式サイト

少し寝坊したので第一局は後半からでしたし、食事の準備や家事などもありベッタリ見ていたわけではありませんが、予想に違わぬエキサイティングな対局で、大いに楽しませてもらいました。

応援していた船江恒平五段+ツツカナのコンビは惜しくも初戦で負けてしまったので、「じゃあどこを応援するかな…」と迷っていたら、先の第2回電王戦で現役プロ棋士として初めてコンピューターに負け、大きな屈辱を味わった佐藤慎一四段が、ponanzaと絶妙のチームワークで快進撃してるではないですか!
もしこのコンビが優勝するようなことになったら面白いなあ…と、いつしか肩入れして見ていました。

決勝は強敵、三浦弘行九段+GPS将棋との対戦です。
普通に考えたら三浦タッグの勝ちに決まってるのですが(局後のインタビューでも、三浦九段は「勝つはずと思っていた」と話していました)、佐藤タッグ側は互角からやや劣勢になりながらも、大差をつけられることなく粘り強く着いて行きいつのまにか逆転、双方持ち時間を使い切って30秒将棋になってからも、ひるむことのない指し回しでついに勝ち切ってしまいました。

「運が良かった」と佐藤四段は言っていましたが、ソフトの指し手を参考にしつつも随所で「自分差し」した手が好手だったようで、電王戦で負けた悔しさが彼をここまで強くしたのではないかと思わせる、立派な勝利でした。
このタッグは、トーナメントの組み合わせで3回勝たないと優勝できない不利な条件だったことを考慮すると、体力・集中力も含めて文句なしの戦いぶりだったと言えるでしょう。

人間同士の将棋では考えつかないか、又は考えても(失敗や他者の目が)怖くて差せないような意外な手も飛び出し、解説の森内俊之名人が思わず唸るシーンも何度かありました。
コンピューターと人間が「対決」するのとはまた違った面白さがあるので、このような企画、ぜひまたやってほしいですね。
できれば持ち時間をもう少し長くして、「切れ負け」は無し、持ち時間を使い切ったら(30秒でなく)1分将棋、1日に全局詰め込まずに決勝は翌日…くらいがいいと思います。
今回の方式では少しせわしなく、ニコ生の楽しみ?である「次の一手は何だと思いますか」などの視聴者アンケートを取る暇もありませんでした。

また番組の演出で少々残念だったのが、ソフト作者さんの扱いの軽さです。
対局後の感想戦やインタビューなどで、もう少しクローズアップしても良かったのでは?
電王戦シリーズは将棋ソフト無しには成立しないのですから…。

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。