スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電王戦、将棋ソフト強かった!

第二回 将棋電王戦、最後の第五局は東大のコンピューター680台近くを連結した「クラスタ」ソフト、GPS将棋がトッププロの三浦八段に完勝して幕を閉じました。

★第二回電王戦 ニコニコ生放送の公式サイト
(「対戦結果」から棋譜などが見れます)
対局終了後の全体記者会見のレポート(マイナビニュース)

第五局は最初からニコニコ生放送で見ていました。
序盤はほぼ互角でしたが、途中お風呂に入ったり(笑)食事の支度をしたりしている合間に、気がついたら自陣の守りを固めたGPS将棋が、一方的に三浦八段を攻め続けている状態。

盤の左側だけの局地戦で消耗した三浦八段は、ついに良手も尽き、持ち時間を使い切った所で投了しました。
直後はまだ敗戦の事実が信じがたい様子で、呆然としていましたね。
顔が「今までのオレの将棋人生、何だったんだ…」とでも言っているようでした。

人間の1勝3敗1引き分けで終わった第二回電王戦、もう平均的なプロ棋士よりも強い将棋ソフトが普通にある…という事実を世間に示してしまいました。
これがもう3~4年前なら、まだ人間が有利だったのでは?と思うんですが。

コンピューター側からの挑戦に対して、以前こちらの記事で書いた女流棋士や、将棋連盟会長とはいえ引退棋士などで中途半端に相手をしていた数年のうちに、人間は将棋ソフトに抜かれてしまったんですね。
トッププロと将棋ソフトの対決、実力が拮抗して一番面白いはずだった時期を逃してしまったようで、それが少し残念です。
将棋連盟側は、ソフトの実力を甘く見ていたんでしょう。
もしリベンジするとしたら、もう羽生三冠や森内名人クラスを出すしかない状況ですが、それでも負けてしまったら…と考えると、ビビリますね。(笑)

私もコンピューター側を応援しているとはいえ、超一流のプロ棋士が負けてしまう様子を見るのは忍びないです。
でも同時に、強い将棋ソフトと人間の真剣勝負を見てみたい気持ちも強くあります。
第三回の電王戦については、現在のところまだ未定だそうですが、今後のニュースから目が離せません。

tag : ソフトウェア 将棋 ニコニコ生放送 ネットサービス

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。