スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ブログのアクセスが少ない」と言う人

ネットの質問サイトで「ブログをやってるんですけど、アクセスが少ないです。どうしたら増やせますか?何が悪いのでしょう?」と、ブログのURL付きで聞いている人がよくいます。
どれどれ、どんなブログなのかなと見てみると、ほとんどの場合まだ始めて一週間くらいで、記事の数もひとケタ台…なんて状態。

これにはこちらが呆れてしまいます。
こういう人は、ブログを始めたらすぐに沢山(って、どれほどの数を想定してるのかは知りませんが)アクセスがあるものと思い込んでいるのでしょう。
それは大きな誤解、甘い夢です。

芸能人などのすでにマスコミで有名な人を除き、「普通の人」が始めたブログに一週間やそこらで沢山アクセスがあることなどあり得ません。
この「パソコン簡単上達法」も、今でこそ毎日500人前後の訪問者がありますが、始めた当初はひとケタでした。
何故最初はそんなに少ないのか?
これは逆に「どうなれば沢山アクセスがあるのか」考えてみれば分かります。
 
ブログに人が来る経緯は、主に次の3つですが────────

1.ブックマークから来る「常連さん」
2.他の(人気)サイトからリンクを辿って来る人
3.検索から来る人

「常連さん」は、面白いとか役に立つ記事を更新し続けることや、コメントのやりとりなどを通じた交流から増えていきます。
(「交流」には、こちらから相手のブログに訪問&コメントすることなども含まれます)
人気サイトからリンクを張ってもらうには、それなりに内容が充実した、人々の興味をひく記事がたくさん必要ですし、検索サイトにブログのURLがインデックスされ、特定のキーワードで記事が上位表示されるには、それなりの時間もかかります。
始めたばかりでまだ記事も少ないブログでは、上の3つがどれも期待できませんね。
アクセスが少なくて当然なのです。

だからブログを始めたばかりの頃は、アクセス数など気にせずとにかく記事を沢山書き、またそれを続ける事が重要になります。
質問サイトで聞いているヒマがあったら更新せよ!ですね。(笑)
内容が良く記事数も100くらいになれば、それなりのアクセス数になるはずです。

なお「ページ表示回数」を表しているだけのカウンターも多いので、実際の訪問者数はその3分の1程度と見ておけばいいでしょう。
日常的内容の個人ブログなら、一日50人でまあまあ、100人なら非常に上手くやっている方じゃないでしょうか。
この100人を「そんなに少ないの?」と思う人は、ブログに過大な夢を見すぎていると思います。

テーマ : ホームページ・ブログ制作
ジャンル : コンピュータ

tag : ネットサービス ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。