スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows7のガジェット

Windows7のパソコンでは、デスクトップにガジェットを表示させています。
ここで言う「ガジェット」とは、パソコンのデスクトップ画面に常に出しておく、便利小物的ソフトのことです。
アナログ時計、カレンダー、ミニ写真フレーム、付箋、ニュース・天気・株価情報の表示…などなど。
WindowsXPでもフリーソフト等を使えば、ガジェット的なものをデスクトップに表示できますが、メモリに余裕がなくデスクトップも狭かったため遠慮?してたんですね。

Windows7の標準機能として付いているガジェットの中から、私は天気情報とアナログ時計を愛用しています。
こんな感じ↓



天気は随時裏でネット接続して、現在の天候・気温を画像と数字で教えてくれます。
(「予報」ではありません)
ガジェットの設定画面から検索して指定すれば、どこでも好きな地域の天気情報を表示できます。
夜は晴れなら月の画像になり月齢に応じて影がつくので、窓を閉めていても「あ、今夜は満月」などと分かるのも気がきいていると思いました。

時計は8種類からデザインが選べ、中央下の時計の名前?を好きな文字にしたり、秒針のあるなしが選べます。
普通は現在のコンピューターの時刻を表示しますが、海外の時刻にすることも可能。
やはり時計はアナログの方が直感的に分かりやすいですね。
時計のデザインの中に、ポケモンみたいなのが入ってるのはご愛嬌?

Windows7のガジェットの出し方はこちらのサイトをご覧ください

★好きなガジェットを表示させたら、ガジェットの上にポインタを乗せ、横のスパナのアイコン(「オプション」のチップが出ます)をクリックすると、設定画面が表示されます。

テーマ : Windows
ジャンル : コンピュータ

tag : パソコン豆知識 Windows7

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。