スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tweetviteでツイッターのオフ会

先日、「ツイッターピアノの会」というものに参加してきました。
これは、ツイッターを通じて知り合ったピアノ好きの人が集まる、ピアノ弾き合い会のようなものです。
★ツイッターピアノの会~略称「ツイピ」連絡ブログ
(私は「聴くだけ」参加でしたが)「発表会」ほど堅苦しくなく、しかもヴァイオリンとの合奏や朗読付き演奏もあってヴァラエティに富むプログラムで、終了後は二次会で楽しくおしゃべりしてきました。

呼びかけ人の方の話によると、今回はメールを一切使わずに、メンバー募集や事前の連絡などを行ったそうです。
メールの代わりとなったのが、Tweetviteというツイッター・ユーザーの「オフ会」を管理するサービスです。
オフ会を企画する側も、また参加する側にも、便利な機能が満載です。
参加者の中には、私が普段ツイッターでフォローしていない人も多かったのですが、Tweetviteのおかげで事前に参加メンバーの情報を得ることができ、また自分のことも知ってもらえるので、当日初対面でもスムーズに接することができました。

ツイッターピアノの会はすでに何回も行われていますが、TweetviteのようなWebサービスだけで連絡を済ませたのは、私が参加した会の時が初めてだったそうで、「画期的」とのことです。
「その昔、メールだけで飲み会参加者を募集した時、革新的?と言われたが、それさえ使わないとは隔世の感がある」とおっしゃっていた方もいました。
「電話」なんてもう全然出てきませんね。(笑)
★ただしTweetviteを利用すると、オフ会情報が「公開」されてしまうので、内緒で集まりたい場合は不向きです。

ツイッター自体が、国境やタイムラグを超えて、全く未知の人間同士が情報交換&交流できる魔法のシステムですが、ツイッターの周辺にはTweetviteのようなお役立ちサービスや便利ツールがたくさんあって、それらがさらにネット交流の活発化や、オフ会などリアルの充実に大いに貢献しています。
ツイッターがツイッターだけの「閉じた」サービスだったら、ここまで普及しなかったでしょう。

ツイッターの出始め、「140字以内のミニブログ」のように紹介されていた頃は、「まともな文章も書けないような人がボヤくツール?」などと思ってましたが(笑)、ここまで色々な可能性を秘めたものとは、思ってもみませんでした。
でもまあ、こういう「想定外」は嬉しいことですね♪

テーマ : インターネットサービス
ジャンル : コンピュータ

tag : ネットサービス ツイッター Twitter Tweetvite

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。