スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

データの更新日時改ざんって?

郵便不正事件で、証拠品のフロッピーディスク(FD)のデータを改ざんしたとして、特捜検事が逮捕されました。
今回のデータ改ざんは、例えばテキストファイルの「あいうえお」を「あいうえん」に変えたとかではなくて、データの更新日時を変えたことです。
別の言葉では「タイムスタンプの変更」と言い、これを含む各種ファイル情報を「属性(プロパティ)」と言います。

しかし一連の報道を見ていて、更新日時を後から変えるなんてどうするのか?と不思議に思った人も多いでしょう。
実は、そのようなソフト(フリーソフトでたくさんあります)を使えば、誰でも簡単にできるのです。
Vectorのタイムスタンプ・属性操作ソフト一覧

このような専用ソフト以外にも、ファイル名一括変更などのいわゆる「リネーム・ソフト」のオマケとして、タイムスタンプ・属性変更の機能が付いてることも多いです。
私は「お~瑠璃ね~む」というソフトを、更新日時の変更にも使っています。
他の人のデータを勝手に変更してはいけませんが、自分が作成したものなら別に構わないので。

ですが何故、更新日時を変更するソフトがたくさん存在するのでしょう?
今回の事件のように「不正」に使う以外、どんな使い道があるのか首を傾げる人も多いと思います。
実はある種の人(私もそうですが)にとっては、必要なものなんです。

私が主にファイルの更新日時を変更するのは、ネットで素材などのファイルを配布する時です。
ダウンロードした人がファイルの情報を見れば、各種タイムスタンプの日時も分かってしまいます。
その時「午前3時48分」とか、普通の人なら寝ているような時刻だと「この人どういう生活してるんだろ?」と変な詮索をされるのが嫌だからです。(笑)
大したことじゃないかもしれませんが、生活をのぞき見られるような跡を残したくないんですね。
それで(日付はどうでもいいんですが)、時刻を「午前0時」などキリのいいものに一括タイプスタンプ変更して、配布ファイルとしています。

また、多くのファイルをまとめて圧縮して配布する際に、タイムスタンプがバラバラだと格好悪いから、皆同じに揃えておきたい・・・という人もいるかもしれません。
実際、フリーソフトやフリー素材のタイムスタンプを見ると、この種のソフトで一括変更したらしきものがたくさんあります。
おそらくフリーソフト作者さんの中には、自分用にこういうツールを自作してる方も多いのではないでしょうか。
まあそんなことで、こういう属性変更ソフトが存在するのです。
今回の事件ではそれを悪用して、(故意か手違いかはともかく)更新日時を改ざんしてしまったということでしょう。

なお、ソフトを使って「変更したかどうか」は、その痕跡が残る場合と残らない(残さない?)場合があるらしいです。
このへんの詳細は私もわかりませんが、今回は変更の事実が比較的簡単にバレてしまったようですね。
やはり、悪いことはできないものです・・・。

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

tag : パソコン豆知識 フリーソフト 更新日時

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。