スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google日本語入力でパソコンが遅くなる?

最近、パソコンを起動させたり長い休止状態から復帰した後に、サクサク動くまでしばらく時間がかかるようになってしまいました。
ソフトがすぐに起動しない、ポインタの動きが悪い、日本語変換に手間取る・・・などです。

振り返ってみると、Google日本語入力をインストールしてから、こうなったような気がします。
これは推測でしかありませんが、Google日本語入力はネットから収集した語句を元に、変換候補のデータベースを作っているため、時事用語や話題の語句を随時追加するべく、起動時に自動でネット接続して新しいデータをダウンロード&インストールしてるのだと思います。
これが終了するまでの間、パソコンの動きが鈍いのではないでしょうかね?

この仕組みは、セキュリティ・ソフトが起動時に新しいウィルスの定義ファイルをダウンロード、インストールするのと同じです。
セキュリティ・ソフト同様、日本語変換ソフトもOSと一緒に起動するため、ユーザーの意思と関係なくウラでゴチャゴチャやられると、それが一段落するまでは他の作業をやろうとしても、パソコンの処理能力を超えてしまい、サクサク動かないのです。
メモリを大量に積んでいるパソコンなら、もう少しマシかもしれませんが・・・。

Googole日本語入力をアンインストールしようかとも思いましたが、これは便利で一度使うとちょっと手放せないんですよね。
「新しい変換データをダウンロードする」機能をオフにする設定はないかと探してみましたが、見つかりませんでした。
どうも強制的に、新データを追加(あるいは旧データをアップデート?)する仕組みになってるようです。

このように、OSやソフトの側で起動時や一定期間ごとに自動でネット接続し、新しいデータや新バージョンの有無等を調べ、必要ならダウンロード&インストールしたり「通知」するのは、良くあることなんです。
(「Windowsアップデート」もこの仕組みです)
1つ1つはたいした負荷にならなくても、たくさんのソフトが同時にそれをやると、終わるまで他の作業がロクに進みません。
私はできるだけメニューの「設定」や「オプション」を見て、自動ネット接続をオフにできるソフトはそうしていますが、Google日本語入力のように、それができないのは困ったものです・・・。

テーマ : トラブル
ジャンル : コンピュータ

tag : Google日本語入力 フリーソフト

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。