スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「.NET Framework」が必要って?

フリーソフトの動作環境で「.NET Framework2.0が必要」という表示を見たことがありませんか?
この場合、パソコンに.NET Framework2.0なるランタイムがインストールされていないと、そのソフトが使えません。
エラーが出て、起動できないのです。

ランタイムとは、OS(基本ソフト・・・Windowsなど)とアプリケーション・ソフトの間に入って、命令情報のやりとりをするもので、色々な種類があります。

ランタイムの役割

.NET Framework(ドットネットフレームワーク)もその1つで、マイクロソフト社が開発したC#(シーシャープ)というプログラミング言語で作られたソフトは、.NET環境でないと動きません。
この「.NET Framework2.0が必要」なフリーソフト、最近かなり増えてきました。
Vista以降のWindowsには、最初から.NET Framework2.0がインストールされているようですが、XPの場合は自分でインストールすることになります。

私も以前は(めんどうくさいし、あまり余計なものを入れたくないので).NET Framework2.0のインストールを渋っていましたが、使ってみたいフリーソフトにこれを必要とするものが段々増えてきたので、結局去年インストールしました。
.NET Framework2.0のService Pack 1 で、容量は約186MBあります。
(ちょっと多いですね・・・)

なお.NET Frameworkには色々なバージョンがあり、2.0の後3.0、3.5や4も出ています。
まだ数は少ないですが、これらの新バージョンが必要なソフトもあるので、指定のものをインストールしましょう。
(上位互換・・・ということなので、例えば3.0をインストールすれば、2.0はなくても「2.0が必要」なソフトも動くと思いますが、私はまだ確認していません)

一連の.NET Frameworkのダウンロードはこちらからできます。

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

tag : パソコン豆知識 Windows フリーソフト .NET Framework

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。