スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジタルだって甘くない!

「◆◆(←ソフト名)をダウンロードしてきたんですけど、これで写真から人物を切り抜いて、背景を透明にする方法を教えてください!」「画像の周りを白くぼかしたいんですけど、やり方がわかりません。パソコンには◆◆が入っています」
いずれもネット上でよく見かける、画像関係の質問です。

両方の質問者に共通しているのは、まだソフトの基本操作を良く理解していないのに、自分のやりたいことだけを、いきなりやろうとしている点です。
しかも、ネットで講座サイトを検索して調べるとか、自分なりにソフトをいじって考えることもせず、最初から他人頼みの「丸投げ」。

どちらの質問も、ソフトの基本的な使い方を知っているのなら、すぐに分かることなんです。
それが分からないのは、そのソフト自体を、まるで「使えてない」証拠なんですね。
当然ですがその分野(この例なら「画像」)に関する、一般的な基礎知識もないのでしょう。
こういう人に事細かに教えても、結局無駄になることが多いので、もう答えないことにしています。
何かを身に付ける過程を無視して、結果だけ安直に得ようとしても、それはダメですよ・・・。

「何かを作る・表現する」タイプの、多機能なソフトをインストールしたなら、まずヘルプやマニュアルを見ながら、基本操作と機能を一通りチェックしてみましょう。
続いて、「簡単なこと」をいくつかやってみます。
それから少しずつ、自分のやりたいことや「目的」に向かっていきます。
ネットで情報収集したり、有名ソフトなら解説の書籍が出ていることも多いので、必要なら購入して参考にします。

最初は、思い通りにできなくて当たり前。
ソフトが自分に意地悪してるのでは?と思うことも、しばしばです。
しかしそこで放り出したら、それで終わり。
上手く行かない時はその原因を考え、「じゃあこうしたらどうだろう?」と、色々試行錯誤してみます。
そのうち、「こうすれば」⇒「こうなる」ことがすぐに分かり、何でもすぐにできるようになります。

ソフトや分野にもよるし、どれくらい勉強時間が取れるかも関係しますが、使い始めてから1ヶ月くらいは「とりあえず色々いじってみる」くらいで終わってもいいのです。
ある程度「何かができる」のは3ヶ月後くらい、「思ったことがスラスラと・・・」は1年以上かかると思ってください。
画像・音楽などのクリエイティブ関係は、特にそうです。

最初にあげたような質問をする人は、単に急いでいるのかもしれません。
「今、このことだけできればいいんだ。
そのために基本から勉強するなんて、やってられない」と。
こういう、スキルを身に付けるための勉強や努力を、単なる「時間の無駄・面倒」としか思えない人は、一生何もできずに終わるでしょう。
ただトシをとっていくだけの人です。

例えば、高級なギターを買ったからといって、すぐに素晴らしい演奏ができる・・・とは、誰も考えませんよね?
基本から一生懸命練習して、何年後かにそれなりの演奏ができれば、と思うのが普通です。
ところがデジタルの世界ではしばしば、この常識がどこかに飛んでしまう人がいるのです。
高機能の◆◆をインストールすれば、すぐに何でもできるかのような錯覚!
・・・・・そんなに甘くないです。(^ ^;)

パソコンだろうがデジタルだろうが、それなりの結果を得るには、それ相当の努力と時間が必要なのは当然。
ですが、その過程で身に付いたスキルは自分の財産として、その後も趣味・仕事に大いに役立つことと思います。
要はそれを、「喜び」と感じられるかどうかなんでしょうね。

tag : パソコン初心者

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。