スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

使うと手離せないバックアップソフト

バックアップの大切さは分かっているけれど、面倒で・・・という人は多いと思います。
パソコンを終了する前に、新しく作ったり更新したファイルを、一々手作業でバックアップ先にコピーしたりするのは、確かにおっくうです。
これを自動でやってくれるのが、バックアップソフトです。
導入するとバックアップが劇的にラクになり、すぐにバックアップの習慣がつくはずです。

バックアップソフトの仕組みを説明しましょう。
最初に、バックアップしたいファイルやフォルダ(バックアップ元)と、それをコピーして保存するバックアップ先のファイルやフォルダを設定しておきます。
例えば、使っているパソコンの「マイドキュメント」全体を、外付けハードディスク(ドライブ名にFやGなどと付いています)の「マイファイル」フォルダに保存する、と設定したとします。

ソフトを起動させて、バックアップの実行ボタンをクリックすると、初回はマイドキュメント全体が、そのまま「マイファイル」にコピーされます。
これは当然ですね。
次回からは、新たに作ったファイルや内容が変更されたファイル(更新時刻のタイムスタンプが新しくなっている)だけをコピーします。
これを「差分バックアップ」といいますが、手作業でバックアップしていると面倒なのは、この「差分」なんですよね。

バックアップソフトを使うと、ソフトの方で「新たにコピーするべきファイルはどれか」自動で調べ、それだけを追加でバックアップしてくれるので、こちらは何も考える必要がありません。
つまり最初に設定さえしてしまえば、後はワンクリックだけでバックアップできるので、本当にラクなのです。
これならどんなに物ぐさな人(私がそうです)でも、バックアップが苦になりませんよ。

私が使っているのは RealSync という、バックアップよりむしろ「同期」に重点を置いたソフトですが、まあ同じようなものです。
「同期」とは、AとBを同じ状態にすることで、要するにバックアップ元とバックアップ先のハードディスク(や記憶装置)の内容を、同じにしてくれるソフトですね。
同期の場合は、一旦バックアップしたファイルでも、バックアップ元で削除したものは、次回のバックアップの時には、バックアップ先から削除されます。
(削除しないと「同じ」にならないので)

ただこの辺の動作は、ユーザーの好みに設定できるのが普通です。
バックアップソフトを導入したら、最初の何回かはバックアップ先の状態を見て、自分が思っているような挙動になっているか、確認しておくといいでしょう。
バックアップしておいたはずが、そうでなかった・・・では困りますので。

普通は、パソコン終了前にバックアップすればいいですが、バックアップソフトを常駐させて、一定時間ごとに自動バックアップさせる方法もあります。
(これならいつパソコンが壊れても安心?)
とにかくバックアップごときに、余計な手間と神経を使うのはバカバカしいですから、そういうものは便利なソフトに任せて、徹底的にラクをするのが賢いパソコン術だと思います。

テーマ : パソコン豆知識
ジャンル : コンピュータ

tag : パソコン豆知識 パソコン初心者 フリーソフト バックアップ

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。