スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バックアップは特別なことじゃない

先日雑談をしていて、「デジタルデータって、一瞬で消えることがあるから困るのよね」と言った人に、私が「バックアップを取っておけば」と答えたら、「そのバックアップってのが、良くわからないのよ」と返されてしまいました。
バックアップは別に特別なことでも何でもなく、難しい「操作」を必要とするものでもありません。

無くなったら困るデータ(ファイル)をコピーして、元データとは別に保存しておく・・・ただそれだけのことです。
つまり「コピー」と「保存」というパソコンの基本操作ができれば、それで十分なのです。
コピーデータは、1つよりも2つ、もっと多ければそれだけ安心度が増します。
要するに元データが消えても、それと同じものがどこかに残っているようにしておくのが、バックアップの基本です。
以下、デジカメ写真を例に、具体的に説明します。

デジカメで写真を撮ると、写真データはデジカメのメモリーカードに記録されますね。
そのデータをパソコンに取り込む人は多いと思います。
すると同じ写真のデータが、メモリーカードとパソコン(のハードディスク)両方に保存されている状態になります。
この状態だと、突然パソコンのハードディスクが壊れて、データの復元ができなくなっても、メモリーカードの方に残っているデータで、その写真が見れることになります。

しかし、メモリーカードは(新しく写真を撮るために)古いデータを削除することが多いですね。
すると、ある写真のデータが、「パソコンだけにしか保存されていない」状態になります。
これが危険なのです・・・・この状態でハードディスクが壊れたり、画像編集ソフトで文字入れ加工して、うっかり上書きしてしまった・・・・・になると、その写真はもう元の状態では見れません。

これを防ぐために、パソコンの写真データをコピーして、例えば・・・・・
●CD-RやDVDに焼いておく
●USBメモリに保存する
●外付けハードディスクに保存する
●他のパソコン(のハードディスク)に保存する
・・・・・のがバックアップです。

なお時々、写真をCD-R等に焼いた後、パソコンから削除する人がいますが、これも危険です。
そのCD-Rを失くした、割った、傷などで読み取れなくなった・・・時に、代わりがありません。
この場合、CD-Rを2枚焼いておくと、かなり安全度が増しますね。
必ず2つ以上、そのデータが存在していないと、バックアップの意味がないのです。
大袈裟な例ですが、コピーを外付けハードディスクに保存した上で、CD-Rにも焼き、それを友人に渡しておけば、家が火事になってパソコンや外付けハードディスクが燃えて(溶けて?)無くなっても、CD-Rにデータは残っている・・・ということです。

コピーはできるだけ多く、保存場所やメディアも違うものにしておくと、それだけ不測の事態にもデータが生き残る可能性が高くなります。
これがバックアップの基本的な考え方です。

テーマ : パソコン初心者
ジャンル : コンピュータ

tag : パソコン豆知識 パソコン初心者 バックアップ

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。