スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「コピペ」とクリップボード

コピペという言葉をよく聞きますね?
これはコピー&ペーストを短く縮めたもので、「ペースト」は普通、「貼り付け」と日本語に訳されています。
文字列やファイルなどをコピー(複製)して、それを(大抵は前にあった場所とは違う所に)貼り付けることです。

文字列の場合は普通、コピーしたい部分をドラッグすると、背景が濃くなって文字が白くなるので(この状態を「反転」と言います)、そのまま右クリック⇒「コピー」や、メニューの「編集」⇒「コピー」、又はショートカットキーでCTRL+C(CはもちろんcopyのCです)で、コピーできます。
「反転」は、その部分が今選択状態であることの印です。
ブラウザのアドレス欄など、ドラッグしなくてもクリックしただけで反転して選択状態になる場合は、コピーするのも簡単です。

ところで、「コピー」しただけ(まだ「貼り付け」していない)では、特に何も変化が起きません。
コピーしたものは一体どこにあるのでしょうか?
コピーしたものはクリップボードという、Windowsの一時記憶場所に置かれています。
これが次に(右クリックなどで)「貼り付け」操作をすると、その場所に表示されるのです。
ですがこのクリップボード自体、どこにあるのかわかりませんよね?
実はクリップボードを「見る」方法があります。

何か適当な文字列をコピーしてから、「スタート」⇒「ファイル名を指定して実行」をクリックして、clipbrdと入力してOKしてください。

ファイル名を指定して実行

すると「クリップブック」というウィンドウが開いて、その中にクリップボードが表示されます。
これは言わば、Windowsの「隠し部屋」でしょうか。 (^ ^;)

クリップボードの中味

さっきコピーした文字列が記録されているはずです。
画像編集ソフトなどで写真をコピーしていれば、ここに写真が入っています。
このクリップボード、何か新しくコピーすると、さっきまで記録されていたものは消えてしまいます。
それが困る・・・という方は、クリップボードの履歴をたくさん残しておいて、後から何度でも利用できるソフトを使えばいいわけですね。
(フリーソフトでたくさんあります)

「コピペ」は、パソコンならではの便利な機能ですが、ネットで検索した他人の文章を無断でコピペしてレポートを書く・・・などに安易に利用する人も多いと聞きます。
ちゃんと自分の言葉で表現することを忘れてはいけませんよ。

テーマ : パソコン初心者
ジャンル : コンピュータ

tag : Windows パソコン豆知識 パソコン初心者

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 助かりました

福ちゃん様、
コメントありがとうございます!
お役に立てて、嬉しいです。

助かりました

久しぶりに超初心者を担当することになったインストラクターです。
最近は本当の超初心者も少なくなりました。
マウスを持つのも初めてという受講生との出逢い。
私自身が良い勉強をしていると思います。
記事を拝見させていただき良い刺激になりました。
有り難うございます。
★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。