スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OS付属のソフトを無自覚に使ってませんか

私は普段、ネット閲覧、画像閲覧、画像編集、テキストファイル作成・・・などに、自分で選んだソフト(ほとんどはフリーのもの)を導入して使っています。
単にその方が便利だからですが、それ以外にも利点があるのだと、先日あるできごとで実感したので、それについて書きたいと思います。

久しぶりに実家に行ったら、休暇中の弟が新しいVistaパソコン持参で来ていました。
私はまだXPなので、薄緑色のVistaのデスクトップを見ながら、「どう、重くない?」などと尋ねました。
弟は「まあ、それは慣れだな・・・」などと言いながら、ブラウザを立ち上げ、ネットオークションで品物を物色しています。
しばらくして、「あ、これいいな・・・ちょっと気になるから、お気に入りに入れておこう。ええと、どうするんだったけな?」と、あちこちポインタをウロウロさせながら、「こういうところが色々変わって、まだ慣れてないから使いにくい」とか言い始めました。

そこで私は「それはVistaだからというより、Internet Explorer(以下IE)の7だからでしょ。XPのままでも、IE6から7にすれば、使い勝手が変わるわけだし」と、Vistaに変えたらWordがわからない?の女性に言ったのと同じようなことを言うと、弟は「あ?え・・・そうなの?」と、分かったような分からないような顔をしています。

弟のパソコンスキルについては私も詳しく知りませんが、会社の仕事でメールやインターネット、Excel等使っていても、プライベートでは自分で何かソフトをインストールするなど、やったことがないのかもしれません。
こういう人(かなりの割合いると思われますが)は、WindowsなどのOS(基本ソフト)と、メーカー側で出荷前にインストールした付属ソフト、それ以外に自分で購入したりオンラインで手に入れて使うソフトの区別がついていず、しかもソフトのバージョン等にも無知なことがほとんどです。
従ってネットを利用する時も、「IE7(や6)で見ている」という意識はまったくなく、「パソコンで見ている」としか捉えていません。

困ったことに?Windowsにはあらかじめ、メールの送受信、ネット閲覧、画像の取り込み&閲覧、テキストファイル作成etc.用に、「それなりのソフト」が含まれています。
そのため、用途に合わせて自分の好みのソフトをインストールして使うことを知らないと、無自覚にWindows付属のソフトを使ってしまい、またそれに何の疑問も持たないようです。
ですがそれだと、パソコンを買い換えてOSも変わった際に、何をするにも今までとは使い勝手が大きく変わってしまう・・・になりかねません。
つまり「OSの仕様に振り回される」ということです。

もし私が今、Vistaパソコンを買ったら、どうするか考えてみました。
ネット閲覧にはGrani、画像閲覧はIrfanView、画像編集はAzPainter、テキストファイル作成はTerapad・・・と、使い慣れたフリーソフトをインストールするでしょう。
そうすればOSがVistaに変わっても、今までと同じように作業ができるので、とまどうことはないと思います。
もちろんこの場合、ソフト側が新しいOSに対応している必要がありますが、幸いなことにほとんどの愛用ソフトはこの点をクリアしているので・・・本当にありがたいことです。

漠然と「パソコンで」何かするのではなく、何というソフトのどのバージョンで・・・と意識するのは大切なことです。
OSに付属しているから、買った時に入っていたからと言って、無自覚にそういうソフトを使っているだけだと、初心者を卒業するのはなかなか難しいと思いますね・・・。

テーマ : パソコン初心者
ジャンル : コンピュータ

tag : Windows パソコン初心者

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。