スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵は苦手・・・な人もpixiv

pixiv(ピクシブ)という、イラストSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)をご存知でしょうか?
デジタル、アナログを問わず、何かイラストや絵を描いて、それをネット上で発表している人達の間では、もう知らない人はいないほどの人気サイトです。

単なるお絵描き掲示板や、自分のブログやホームページでイラストを公開するよりも、よりたくさんの人に作品を見てもらえること、タグや使用ツールでの検索機能が充実しているので、他の人の作品を見て楽むのも簡単、コメントやメッセージ、企画への参加などで、イラストを通じて互いにコミュニケーションできるのが人気の秘密です。

私も、登録ユーザーが20万人(!)を越えた頃に始めて、新作だけでなく過去にブログで発表したイラストなどもpixivに再アップしています。
ブログだと、どうしても古い記事は見てもらいにくくなりますが、pixivなら様々なルートで各イラストにアクセスできるため、埋もれてしまわないのが何より嬉しいところですね。
中には「pixivならたくさんの人に見てもらえる!」とばかりに、中学生の時に画用紙に描いた絵などを、スキャンしてアップしている人もいます。

「でも私は絵心がなくて・・・」と思ったあなた、そういう人でも「見る」のが好きなら、または単なる暇つぶしにでも、pixivはとても楽しくついつい色々見てしまうこと受け合いのサイトなのです。
では「描かないけど見て楽しむ」具体例を紹介しましょう。

まずpixivは、メールアドレスでユーザー登録しないと、イラストが原寸など大きなサイズで見れず、タグでの検索もできないので、とりあえず登録します。
プロフィールページの自己紹介には、「見てるだけです。よろしくお願いします」とか何とか、適当に描いておけばそれでいいでしょう。
実際こういう人(Read Only Memberを略してROMと言ったりしますが)はたくさんいるので、遠慮する必要は何もありません。

自分専用のpixivトップページには、アップされたばかりの新着イラストや、ランキング上位のサムネイルが出ているので、気になるものがあったら、クリックすると大きい表示で見れますよ。
そこからその投稿者の他のイラストも見ることができます。
もし「この人のイラスト、私の好みが多いなぁ」と思ったら、「お気に入りユーザー」に登録すると、その人の新着イラストが、トップページに表示されるようになります。
また1枚1枚のイラストごとに、好きなものを「ブックマーク」すると、そのイラストがいつでも見れます。
これは一種の「コレクション」ですね。
私もついつい気に入ったイラストをブックマークしてしまい、時々見返しては楽しんでいます。

さて「暇つぶし」に最もお勧めしたいのは、タグによる検索です。
例えば「食べ物」でタグ検索すると、あらゆる食べ物のイラストが、「浴衣」で検索すればあらゆる浴衣姿を描いたイラストがズラリと表示されます。
「初音ミク」「猫」「和室」「その発想はなかった」「パンチラ」「巨乳」・・・などなど、思いつくままに何でも検索してみましょう。
同じ「パンチラ」でも、実に色々な描き方があるものだなぁと感心します。(笑)

また、ある程度自分でもイラストを描く人なら、使用ツール(ソフトや画材)別による検索が、参考になるでしょう。
例えば、最近非常に人気が高い「ペイントツールSAI」を使ったイラストだけを、一覧表示して見れます。
なお、全体的なレベルの高さは特筆もので(もちろんプロや、それに近い人もかなり混ざっているようですが)、ひょっとしてこれは外国の人が知ったら驚く事実かもしれません。
「に・・・日本人って、こんなに絵が上手い民族だったのか!?」と。

登場してようやく1年のpixivですが、好評のため英語版&中国版の開発も進めているそうです。
イラストを通じ、世界中の人が言葉の壁を超えてコミュニケーションできるようになったら、素晴らしいですね。

テーマ : インターネットサービス
ジャンル : コンピュータ

tag : pixiv ネットサービス SNS

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。