スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラウザでピアノを演奏♪eピアノ

Webブラウザ上で、マウスやキーボード入力によりピアノを演奏できる、eピアノというサイトを紹介しましょう。
つい先日(8月29日)始まったばかりのサービスなので、まだ機能的に不備な面や、はたしてどこまで人気が出るか未知数な面もありますが、個人的には非常に楽しく、随分遊んでしまいました。(笑)
音楽好きの方には特にお勧めです。
この記事を書いている時点では、利用に当たってユーザー登録等の必要はなく、誰でもすぐに始められますよ。

「とにかく弾いてみる」「ラウンジ」「童謡専用」「カエルの合奏専用」など、いくつかの部屋?が用意されているので、最初は「練習~初心者」用の部屋を選んで入ってみましょう。
すでにそこで誰かピアノを弾いている場合は、音が聴こえてきます。
「とにかく弾いてみる」以外の部屋では、他の人が弾いている時は、割り込まないのがマナーなので、そのまま待っていましょう。
「へえぇ、上手いなあ」「あ、懐かしい曲だ」などと思ったら、フレーズの切れ目や曲の終わりで「お手を拝借」とある手の形のアイコンをクリックすると、拍手ができます。
この拍手の音は、もちろん相手にも聞こえています。
逆に自分が弾いている時に、誰かの拍手をもらうこともあります。
つまり演奏や拍手の音が、「共有」されているのですね。

このようにeピアノでは、ただピアノを弾いて一人で楽しむのではなく、他人の演奏を聴いたり、拍手をしたり(されたり)、「合奏」などのコミュニケーションができるのが最大の特徴です。
さらには、弾いたものを録音して投稿することもでき、他人の投稿作品に伴奏をつけたり、続きを作曲したりする「共作」も可能です。
試しに録音してみたので、その実際を少し詳しく紹介します。

一例として、「メリーさんの羊」を録音するとします。
(一応練習してから)、「録音モード」をクリックして、練習の時と同じようにキーボードかマウスで鍵盤を見ながら弾くと、そのまま録音できます。
終わったら「停止」して、「再生」してみましょう・・・聴こえてきましたか?
もし途中で間違ったら、「クリア」して再録音しましょう。

このようにして、トラック1にメロディーを録音したとします。
このまま旋律だけで投稿してももちろんいいですが、簡単でもいいから伴奏を付けたいことがありますね。
その時は、トラック2にして「録音モード」にすると、先ほど録音したメロディーが聞こえてくるので、それを聴きながら伴奏を演奏します。
終わったら停止して、再生すると・・・今度はメロディーと伴奏が一緒に聞こえてきますよ♪
このようにして、トラック別にパートを分けて録音すると、かなり豪華な?演奏もできます。

この機能を利用すると、誰かが投稿したメロディーだけの曲に、別の人が伴奏を付けたり、●●風にアレンジしたりといった「共作」ができるわけです。
自分が投稿したオリジナル曲に、誰かが素敵な伴奏を付けてくれる・・・というのも夢ではありませんよ。

なおこのeピアノ、現在の仕様では音域が3オクターブしかなく、(弾いてから)発音までの反応がやや鈍いなど、音楽的に物足りない点もいくつかあります。
なのでどうしても、投稿されている曲(演奏)を聴くと、リズムが単純で音域が狭い童謡などのメロディーだけ弾く、というのが中心のようです。
しかしその分ピアノが苦手な方でも、気後れせずに楽しめるサイトと言えるでしょう。
コメントやチャット機能もあるので、メロディーは知ってるけど曲名が・・・というのを弾いて、誰かに教えてもらうという利用法もあると思います。
eピアノ、音楽好きの方は、ぜひどうぞ♪

テーマ : インターネットサービス
ジャンル : コンピュータ

tag : ネットサービス ピアノ 音楽共有

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。