スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MIDIファイルには音がない!?

さて、パソコンで扱うサウンド関係ファイルの中に、MIDIファイル(拡張子.mid)というのがあります。
皆さんも、マイミュージックフォルダの中に、いくつかのMIDIファイルがあるのではないでしょうか?
マイミュージックのMIDIファイル

ダブルクリックすると、通常はWindws Media Player(WMP)などの音楽再生ソフトが起動して、「音(楽)」が鳴ると思います。
ですがこのMIDIファイルはWAVやMP3などの「オーディオファイル」と違い、音が記録されているわけではありません。
記録されているのは、「演奏情報」だけです。
つまり、「このタイミングでこの高さの音をこれくらいの強さで鳴らす・・・楽器は●●で」とか、その音を「ここで止める」というような情報です。
いわば楽譜ですね。

楽譜だけでは音が出ませんから、実際に鳴らすには「音源」というものが必要です。
皆さん特にその存在は意識してないと思いますが、現在一般的なパソコンには最初からMIDI音源が搭載されています。
では、どんな音源が搭載されているか、見てみましょう。

コントロールパネルの「サウンドとオーディオデバイス」を開きます。
「オーディオ」タブの「MIDI音楽の再生」の所を見てください。
「規定のデバイス」欄に入っているのが、あなたのパソコンのMIDI音源です。
パソコンのMIDI音源を調べる

おそらく、上の画像のように「Microsoft GS Wavetable SW Synth」となっている方が一番多いと思います。
これはMicrosoft社が、日本の電子楽器メーカーRoland社から買った音源です。
通常WMPでMIDIファイルを再生する時は、このWindows規定のMIDI音源で「演奏」されます。

ここでお気づきの方もいると思いますが、同じMIDIファイルでも、異なるMIDI音源で鳴らせば、違った音で鳴るんですね。
例えばQuickTimeという再生ソフト(iTunesに含まれています)でMIDIファイルを再生すると、QuickTime内蔵のMIDI音源で鳴ります。
YAMAHAのMidRadio Playerでは(Rolandのライバルの?)YAMAHAの音源で鳴ります。
色々な音源で聞き比べてみるのも一興ですよ。

またMIDIファイルは、上記MidRadio Playerのように対応しているソフトなら、メロディーパートをキャンセルして伴奏だけにしたり、音程やテンポを自由に変えられるのが特徴です。
・・・・・と聞くと、「カラオケみたいだなあ」と思う方もいるでしょう。
そうです!
実は通信カラオケが「通信」しているのはMIDI情報だけで、音自体はカラオケボックスに置いてある装置内蔵の音源で出しているんですよ!
他にもケータイの着メロが、MIDIのシステムを利用しています。
MIDIはオーディオファイルに比べてファイル容量が少なくてすむので、データのやり取りや保存が簡単なんですね。
「音がない」MIDIファイルの最大の利点は、そこにあるのです。

テーマ : パソコン豆知識
ジャンル : コンピュータ

tag : Windows パソコン豆知識 MIDI

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。