スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームページとブログの違い

「ホームページ(以下HP)とブログって、どう違うんですか」という、質問が良くあります。
簡単に説明しましょう。
その前に、どちらも同じWebサイトには変わりないということを忘れないで下さい。
ブログもHPの一種なのです。

ブログは、あらかじめサイトの構成やデザイン、仕組みなどが(ある程度)決められていて、そこに文章や画像などの「内容」をアップロードすれば、簡単に体裁が整ったページが公開できてしまうシステムです。
たくさんのブログサービスがありますが、どこを利用するかによって、見た目や機能、使い方が違います。
決められた枠のなかでサイトを作るので、自由度は低いですが、そのかわり特別な知識がなくても、(最低文字入力さえできれば)誰でもインターネットで情報発信出来るのが利点でしょう。
記事を投稿すると、自動的に「日付別」「カテゴリ別」などでも保存され、サイドバーと呼ばれる左右の目次一覧からもアクセスできる仕組みは、ブログ独特のものです。
また記事に「コメント」をつけたり、「トラックバック」で他ブログの関連記事とリンクできる機能は、記事を通じて他者とさまざまなコミュニケーションができ、ブログの魅力の1つとなっています。

一方HPは、サイトの構成やデザインなど、全てをゼロから作っていくものです。
真っ白な紙に、文字や画像をレイアウトしていくと思えばいいでしょう。
当然制作者には、ある程度のセンスや技量が要求されます。

HPを表示するためのファイル(HTMLやCSS)は、その書き方を自分で勉強するか、Homepage BuilderなどのHP作成ソフトを利用して作ります。
HPのスペースを提供しているサービスの中には、専用の編集システムを使って、(ブログのように)ブラウザから直接ページが作れるものもありますが、まず自分のパソコンでファイルを作って表示確認し、それをFTPソフトを使って借りているサーバーの決められた場所にアップロードするのが基本です。
ですから、ある程度インターネットやHPの「仕組み」がわかっていることが前提になるでしょう。
また更新するのもブログより手間がかかるので、時事ネタを扱うような、即時性を要求されるものには不向きです。
このように、HPはブログに比べて上級者向けとなりますが、その分自分の好きなようにページが作れ、「自分のサイト」という実感が持てるのが利点です。

「ネット上で何か発信したい」という人は、とりあえずブログから始めてWebサイト作成の知識をつけ、もっと自由に作りたいと思うようになったら、HPに挑戦するのが無理のない方法だと思います。
(私自身もそのようにしています)
「いきなりHP」では、よほど頑張らないとトラブル続きで難しいのではないでしょうか。
なお、良く目にする表現で「ブログは日記」というのがありますが、「日記」にする必要は全くないのです。
この「パソコン簡単上達法」もブログですが、「日記」ではありませんよね。
ですから「いずれはHPを作るのが夢」なら、その予行演習?を兼ねて、類似の内容でブログを作ってみるといい勉強になるはずです。
回り道のようでも、結局はその方が早く夢に近づける気がします。

テーマ : Webサービス
ジャンル : コンピュータ

tag : HP ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。