スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HPで一番大事なことは何?

「HPを作る」というと、タイトルの後ろに入れる画像とか、壁紙はどんなのにする、色は・・・などと、デザインをあれこれイメージするのに熱中する人がいます。
さらに、フラッシュなどの「動く画像」(アニメ)を使いたい、BGMに音楽を流したい、ポインタの先を犬が追いかけるなどの「仕掛け」に懲りたい・・・とにかく色んなことをやろうとするのです。

本人は楽しくてしょうがないし、こうして出来上がったHPを見て「どうだ、すごいだろう!」と思っているのでしょうが、これは訪問者にとってウンザリするHPの典型です。
訪問者は、HPのデザインや仕掛けを楽しむためにアクセスしているのではありません。
大抵は、何か自分にとって「必要な情報」を捜し求めてやって来るのです。
そして、その情報がそのHPのどこにあるのか、どこをクリックすれば求める情報にありつけるのか、一刻も早く知りたいと思っています。

HP制作側では、こういう訪問者の要求に対して、「役に立つ情報を、見やすく&わかりやすく」提示する必要があり、デザインやレイアウトはそのためにあるのです。
ですから、HPのコンテンツ(内容)が決まっていないのにデザインを考えても意味がないし、どんなに見た目が素晴らしくても、たいした情報がないHPでは、誰も喜んでくれません。
この辺を考え違いしている人が結構多いのですね・・・こういう「独りよがり」のHPを作っている人に限って、しばらくすると「アクセスが少ないんですが、何かいい方法はありませんか」などと聞いてきます。
好感を持たれるHPにするには、自分のHPを客観的に見る視点が必要なんですが。

例えば、通常リンクの下に付く下線、これがデザイン的に格好悪いからと、線が付かないようにしているHPがあります。
自分は(自分で作ったページなので)、下線がなくてもそこがリンクだとわかりますが、初めてそこを訪れた人には、その文字列の所にポインタを持っていくまで、リンクかどうかわかりませんね。
慣れないサイトで、「どこがリンクなんだろう?」と、ぺージのあちこちをウロウロした経験はどなたにもあると思います。
リンクの下線を消してもいいのは、はっきりと他ページへのリンクとわかる「メニュー」や(ブログの)「サイドバー」などに限られます。
こういうことに配慮していないのは、「ダメなHP」の典型と言えます。

またビジュアルを強調したいのか、大きなイラストやフラッシュなどをあしらった「扉」ページを作り、そこの「ENTER」ボタンをクリックして、ようやく本来の(何か情報がある)ページが開くような仕掛けのHPがあります。
これも手間がかかるだけで、訪問者にとっては何も嬉しくありません。
それどころか、その「ENTER」ボタンがまた豆粒のように?小さかったりすると、私などはもう何だか腹が立ってきて、クリックする気をなくしてしまいます。

皆さんもどこかのHPで、最初のページだけで(中を見ずに)ヨソへ行ってしまった経験がありませんか?
おそらくそれは、「どこをクリックすればいいのか」「どこに知りたいことが書いてあるのか」がわかりにくかったからでしょう。
素人が変に凝ったデザインや仕掛けをほどこすと、まず間違いなくこういう困ったHPができてしまいます。
手間をかけて作ったのに、かえって見てもらえない・・・制作側は大変な損をしているわけですね。

HPで一番大事なのは、コンテンツです。
コンテンツの独自性やその充実に、手間ヒマ頭を使いましょう。
そしてそれを「わかりやすく&見やすく」示せばいいのです。
ごく普通のデザインや配色で結構、HTMLやCSSも、基本的な仕様を使うだけで、十分良いHPは作れます。
こうすれば、簡単にできて多くの人に見てもらえるHPができるのです・・・何も難しいことはありませんね。

テーマ : ホームページ・ブログ制作
ジャンル : コンピュータ

tag : HP作成

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。