スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタイルシートって何?

最近のHP制作では、HTMLの他に、スタイルシートも合わせて使うことが推奨されています。
このスタイルシートとは何でしょうか。
また、HTMLだけでHPを作るのと比べて、どんな利点があるのでしょうか。

スタイルシートは、HPの「見た目」を指定するファイルです。
「見た目」とは、文字の大きさや色、余白の設定、文章や挿入画像の位置、背景色&画像の指定、段組などのレイアウト、ボーダーや表のデザイン・・・などなどのことです。
HTMLだけでも、これらのことができないわけではありません。
ですが元々HTMLは、ページの「内容」や「構造」を書くための言語で、見た目についてあまり自由度が高くありません。
特にレイアウトに関しては弱く、そのため「表」を作る仕組みで強引にレイアウトするような(裏技的?)手法がまかり通ってきました。
このように「見た目」に関する指定も全てHTMLに書いてしまうと、HTMLが長く煩雑になり、修正や更新作業も面倒になってきます。
そこで見た目をスタイルシートに担当させると、HTMLがスッキリして、何かと管理が楽になるのです。

またスタイルシートを変更すれば、HPの内容はそのままで、デザインだけを簡単に変えることができます。
この仕組みを使っているのが、ブログの「テンプレート」です。
テンプレートを変えるというのは、実はスタイルシートを変えていることなんですね。
かように便利なスタイルシートなのですが、自分のHPを作るに当たり、「HTMLの勉強だけでも大変なのに、その上スタイルシートまでやるのは面倒だ」と思ったり、「初心者はまずHTMLだけで、慣れてからスタイルシートを」などとアドバイスする経験者がいたりします。
そうでしょうか・・・?

私はこの夏、初めて自サイトを作るに当たり、見た目関係は全てスタイルシートで指定する方法を採りました。
実際にそうやってみてわかったことは ・・・・・・

1、HTMLの「タグ」が最小限だけで済む(打つのも覚えるのも簡単)
2、ページがたくさんあっても、スタイルシートは数枚のファイルで済む
3、新しいページを作るのがラク
4、表示が速い
5、検索に上位表示されやすい

・・・・・・などなど、良いことばかりです!
1でわかるように、スタイルシートを使えば、その分HTMLは最低限書くだけでいいので、「勉強する量が増える」なんてことは全然ないわけですね。
そのためにも、「見た目はスタイルシート」を完全に徹底するのがコツです。
中途半端だと、HTMLのタグもスタイルシートの文法も、両方たくさん身に付ける必要が出てきてしまいます。

2、3は「更新が簡単」につながり、HPを最小の労力で、どんどん充実させていくことができます。
4は、HTMLが簡素になるので読み込みが速い、一度使ったスタイルシートは再表示の際にも以前のキャッシュ(ブラウザが記憶しているファイル)が参照される等が原因です。
5は、スタイルシートを使うためには正しい文法に従ったHTMLを書く必要があるので、自然と検索サイトの情報収集プログラムにも正しくページ内容が伝わる、HTMLのタグ部分が少ないため、相対的にキーワードを中心とした内容が読み取りやすい、などが理由でしょうね。

HTMLだけで作ったサイトに、後からスタイルシートを導入するのは大変な手間になります。
これからサイトを作ろう、という方は「スタイルシートでデザインするのは当然」と認識して、勉強することをお勧めします。
それが結局「後でラク」につながりますから。

テーマ : ホームページ・ブログ制作
ジャンル : コンピュータ

tag : HP作成 スタイルシート

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。