スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HPは「メモ帳」で作る!?

ホームページ(以下HP)のHTMLファイルを作るには、HP作成ソフトを使ってワープロ感覚で編集する場合と、HTMLを勉強してテキストエディタを使い、直接「タグ」と呼ばれるHTML独特の記号を打ち込んでいく方法があります。
後者を俗に「手打ち」と言ったりします。

手打ちは原始的?ですが、きちんとHTMLを勉強するのは大事なことですし、実際に打ちながらだとタグも良く覚えられるので、長い目で見ればお勧めです。
またテキストエディタで、HTMLその他HPに必要なファイルの編集に慣れておくと、何かと役立つことも多いのです。
(例えば掲示板を設置する際、CGIのファイルを一部書き換える、など)

ところでWindowsには標準で「メモ帳」(Notepad)というテキストエディタが付属していますね。
手軽に使えるので、「メモ帳で作るHP講座」とか「メモ帳で簡単にHP作成」などの解説サイト、書籍が結構あります。
「メモ帳で作れる」イコール「簡単」というイメージを打ち出したいのでしょうが、何故そんなに「メモ帳」を使うことにこだわるのか、大変疑問に思います。
メモ帳は文字通り、ちょっとしたメモ用には便利ですが、HTML作成のような込み入ったファイルの作成や、長時間の作業には向いていません。
次の画像を見てください。
これはメモ帳のHTML編集画面です。 ↓↓↓

「メモ帳」のHTML編集画面

こちらはTeraPadというフリーのテキストエディタの画面です。

TeraPadのHTML編集画面

どちらが見やすいでしょうか・・・なんて、聞くまでもありませんね。
「メモ帳」は画面の背景色設定や、タグの色分け表示等ができないため、非常に見づらくなっています。
一方TeraPadの方はユーザーの好みで、見やすくわかりやすいように、表示がカスタマイズできるようになっています。
これはTeraPadに限らず、ほとんどのテキストエディタで可能な、ごく当たり前のことなのですが、「メモ帳」があまりにも低機能すぎるのですね。

他にも「元に戻す」回数も多いし、ブラウザを直接起動して表示確認ができたり、HTML作成に便利な補助ツールを導入できるなど、たくさんのお役立ち機能があります。
HPのファイルを手打ちするなら、やはりちゃんとしたテキストエディタを使いましょう。
TeraPadの他にも、良いテキストエディタはたくさんあります。
いくらWindowsに付属しているからといって、テキストエディタとして「メモ帳」を使わなくてはいけない義理?など、まったくないのです。

これはパソコンでの作業全てに言える事ですが、「ソフトは良いものを使う」ということです。

テーマ : ホームページ・ブログ制作
ジャンル : コンピュータ

tag : Windows ホームページ作成 テキストエディタ

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。