スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「メモ帳」で日誌をつける

Windowsには「メモ帳」という、簡素なテキストエディタが付属しています。
スタート⇒すべてのプログラム⇒アクセサリ⇒「メモ帳」で起動できます。
このメモ帳は、テキストエディタとして「最低限」の機能しか持っておらず、本格的にテキスト編集を行うのなら、他のソフトの使用をお勧めしますが、ちょっと面白いことができるので、紹介します。

それは「日誌」機能です。
メモ帳のヘルプにはこうあります。↓↓↓
メモ帳のヘルプ「日誌をつける」

要するに、最初に.LOGと入力するだけで、開くたびに自動で日時が記録されるのです。
実際にやってみると、こうなります。 ↓↓↓
日付や時刻入りの日誌

書いては上書き保存、書いては上書き保存・・・で、どんどん記録がたまっていきます。
利用法は色々あると思いますが、このメモ帳は低機能な分、軽くて起動が速いので、気軽に書き込めるのが利点です。
ただしこの日誌機能は、「メモ帳で開いた時だけ」しか有効にならないので注意してください。
例えば、他のテキストエディタで開いた場合、冒頭に「.LOG」と記入しておいても日時は記録されません。

ところで、メモ帳が低機能なのは、テキストエディタを「この程度のもの」とユーザーに誤解させ、簡単な文書作成でもWordのような有料ワープロソフトを使わせよう、というMicrosoft社の戦略だ、という説がありますが、どうなんでしょうねえ?
確かに、どうせOSに付属させるなら、もうちょっとマシなものにせよという感は否めません。
テキストエディタというのは、コンピュータソフトの基本中の基本で、プログラムやWebサイトのHTMLもこれで書けるのです。
「ちゃんとした」テキストエディタを知っているのと知らないのとでは、パソコンに対する意識そのものが違ってくるのでは、と私は日頃から感じています。

どうもMicrosoft社は、ユーザーに「パソコンに無知のままでいて欲しい」と思っているようです。
WindowsXPの初期設定で、拡張子やシステムファイルが「表示されない」仕様になっているあたりにも、それが強く伺えます。
そんな作戦に乗せられてはイケマセンよ・・・。(^ ^;)

テーマ : パソコン初心者
ジャンル : コンピュータ

tag : Windows パソコン初心者 メモ帳

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。