スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windowsカードゲーム難易表

Windowsの一人遊び用カードゲームの、成功率と考える程度の関係を表にしてみました。
カードゲーム難易表

こうして見ると、ソリティア、フリーセル、スパイダーソリティア、この3つのゲームは、実にバランスの取れたラインナップだというのがわかります。

まずソリティアは、カードの移動がほぼ機械的で、考える余地があまりないので、成功率は「中」で固定です。
(本来のルールなら最効率は「低」ですが、Windows版では、山札を何度でもめくりなおすことができるため)

一方フリーセルは、良く考えれば成功率は非常に高いですが、考えなしに適当にプレイしていると、よほど最初のカードの配列に恵まれていない限り、クリアできません。
ですから、考える程度により成功率も変動します。

スパイダー(ソリティア)は、難易度により3つの級があり、当然成功率も違ってきますが、フリーセル同様、どの程度「考えるか」によるところも大きいです。

もっとも、フリーセルとスパイダーは、「良く考えてもダメな人」もいるかもしれませんが。
要するに「ヘタな人」ですね・・・(^ ^;)
こういう人は、上手い人に「コツ」を教えてもらえば、それだけでかなり成功率が上がると思います。

まとめると、
●ソリティア(クロンダイク)・・・ちょっとした息抜き、軽い運試しに、あるいは子供と一緒に
●フリーセル・・・あまり考えずにやれば、息抜きや運試し、じっくり取り組むなら一種のパズル、どちらの遊び方でも楽しめるのが特徴
●スパイダー(上級)・・・本格パズリスト&マニア向け、プレイに時間がかかるので、時間的余裕のある時に

・・・こんなところでしょうか。
なおスパイダーの初級は、あくまで「練習用」だと思います。
中級は、考える程度と成功率のバランスがいいですが、やはりスペードとハートだけというのはプレイしていて妙な感じがします。
私は、スパイダーの中級をやるくらいなら、フリーセルをやりますね・・・。

テーマ : Windows 全般
ジャンル : コンピュータ

tag : パソコン豆知識 Windows ソリティア

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。