スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「パソコン」イコールWord&Excel?

パソコンの習得というと、マウスとキーボードの使い方に慣れたら、次はメールとインターネットの利用方法、続いてWord&Excelの操作・・・と大体相場が決まっているようです。
また実際、パソコンを何に使っているかと問うと、「メールとインターネット、(仕事で)Word&Excel」という人がかなりの割合を占めるらしいです。

そのせいかどうかは知りませんが、「パソコンにはWord&Excelが付いている」「パソコンを使うにはWord&Excelの勉強が必要」「文書はWord、表(計算)はExcelを使うもの」・・・などなど、「パソコン」と「Word&Excel」をゴッチャに捉えている人が時々います。
これは大きな間違いです。

正しくは「Word&Excelが付いていない(インストール)されていないパソコンはいくらでもある」「パソコンを使うのにWord&Excelの勉強は必要ない」「Word&Excelを使わなくてもパソコンで文書作成も表(計算)もできる」です。

まずパソコンはモニタ、CPU、メモリ、キーボード、ハードディスクなどの「ハードウェア」(平たく言うと「機械」の部分)、「OS」(基本ソフト)、そしてOSの上で動作する「応用ソフト」の3つが連携して作業を行う道具です。
Word&Excelはこのうちの「応用ソフト」にあたり、米Microsoft社が販売するOfficeというビジネスソフトパッケージに含まれています。(単体販売もありますが、割高)

実際には多くのメーカー製パソコンで、OSであるWindowsと共に、Officeの基本パッケージをあらかじめインストールして売られているため、何となく「パソコン」イコール「Word&Excel」と思い込んでしまうのでしょう。
ですが本来は、ソフトを「買って」パソコンに「インストール」しなければ、Word&Excelは使えないものなのです。
また、あらかじめインストールされているといっても「タダ」ではなく、その分2万円ほどがパソコン購入時の金額に上乗せされています。

なぜこんなことを書くかというと、このような事情を知らない人、あるいはパソコンとはどういう道具か曖昧な理解しかない人が、Word&Excelをめぐって無用な苦労をしたり、ファイルの受け渡しでトラブルを起こしたり、パソコン嫌いになったり・・・とまあロクなことがないからです。
1ソフトメーカーの1商品を、「パソコン」と同列に考えてはいけません。

やや極論ですが、仕事でどうしても必要な人は別にして、そうでなければ「Word&Excelは使うな!」というのが私の考えです。
現状ではWord&Excelを使う必要のない人まで、無理して使ったり「勉強」したりしているのですね。
その時間や手間を別のことに回すのが、パソコンをラクに楽しく使いこなす一番のコツなのですが。

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

tag : パソコン初心者 Word Excel

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。