スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ウィザード」は魔法使い!?

パソコンを使っていて、「ウィザード」という言葉に出くわしたことはありませんか?
私が日頃一番良く利用するのは、デジカメ写真をメモリーカードからパソコンに取り込む時の、「スキャナとカメラウィザード」です。
画面にはこんなことが書いてあります。 ↓↓↓
スキャナとカメラウィザードの画面

「ウィザード」とは英語のwizard(魔法使い)をそのままカタカナにしたものです。
画面の指示に従い、順に必要な指定をして「次へ」をクリックしていけば、複雑な設定が簡単にできてしまうので、それを「魔法のようだ」と例えたのですね。
大抵はウィザードの終了までに、3~5から場合によってはそれ以上の画面が用意されています。
質問に答えるような形式も多く、それらを1つずつクリア?していくわけです。

実際にはウィザード中に、意味の良くわからない表現が頻出したりして、「どこが魔法なんだッ!」と文句の1つもつけたくなることがしばしばですが、わからない部分のチェックボックスやラジオボタンはそのままいじらずに、「次へ」をクリックしていけば、そう悪い結果にはならないのが普通です。
また、途中いつでも「戻る」ことができ、「キャンセル」すれば何もしなかったのと同じことになります。
「ウィザード」という聞き慣れない言葉におじけづく?必要はありませんから、心配せずにどんどん進んでいきましょう。

Windowsでは他に、「すべてのプログラム」⇒「アクセサリ」⇒「システムツール」と辿った先に「ファイルと設定の転送ウィザード」というのがあります。
ファイルと設定の転送ウィザードの画面

画面に書いてあるように、パソコンを買い換えた時の「引越し」用途だけでなく、現在のパソコンのバックアップを取るのにも使えます。
私はこのウィザードで「設定」だけをファイルに保存し、それを外付けハードディスクにバックアップしています。
OSを再インストールした場合など、今度はこのウィザードで設定を読み込めば、メールやインターネットの接続設定を一からやり直さずに済みます。
(自分で作成&保存した通常のファイルは、これとは別の方法でバックアップしていますが)

他にも、ソフトをインストールする時に「●●(←ソフト名)のインストール(又はセットアップ)ウィザードへようこそ」という画面を見たことある方も多いでしょう。
これも基本的には「次へ」をクリックしていけばOKです。

テーマ : パソコン豆知識
ジャンル : コンピュータ

tag : パソコン豆知識 Windows

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。