スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「断片化」と「最適化」

「断片化」はfragmentation、「最適化」はoptimizationを日本語に訳したものです。
パソコン用語としては、前者は「一続きのファイルがバラバラに保存されている状態」を言います。
ただこの言葉自体は、それほどわかりにくくはありませんね。

問題は後者の「最適化」です。
文字通り解釈するなら、「ある目的に向けて、最良の状態にする」となり、パソコン関係だけでも、色々なことに対して使われています。
「検索エンジン最適化」(いわゆるSEO)、「このサイトはInternet Exploler6で最適化されています」などなど。
ですがWindowsでは一般に、「断片化」を解消することを「最適化」と言っているので、今回はそれに絞ってお話します。

まず断片化が起きるしくみです。
ハードディスクなどの記憶領域には、原則として最初から順にファイルが保存されていきます。
ですが、使っているうちに、いらないファイルを削除したりしますね。
そうすると、その削除してできた「空き領域」を埋めていくように、新たにファイルが保存されるのです。
ですから、ディスクに細かな空き領域がある状態で、音楽や動画などのサイズが大きいファイルを保存すると、1つのファイルがあちらこちらにバラバラになってしまいます。
これが「断片化」です。
ファイルの断片化が起きる理由

断片化が進むと、1つのファイルを利用するのにディスクのあちこちに読み出しに行くので、表示が遅くなる、ハードディスクに負担がかかるなどの弊害が出てきます。
また、ソフトのファイルが断片化している場合は、起動に時間がかかったり、エラーの原因になることもあります。
そこでファイルの整理整頓&移動を行って、このような状態を解消する必要が出てきます。

Cドライブ、DドライブなどのハードディスクやUSBメモリのアイコンを右クリックして「プロパティ」から「ツール」タブを開いてください。
「最適化」のダイアログです。↓↓↓
ドライブのプロパティ「ツール」タブ

「最適化する」をクリックして開いた画面で「分析」させると、現在のディスクの状態を図で示してくれます。
ドライブの断片化を分析した図

↑↑↑この程度の断片化なら、最適化する必要はありませんね。
最適化した方が良い時は、そのような指示が出るので、従いましょう。
普通はこの作業を「デフラグ(メンテーション)」と言っています。
「断片化の解消」ということです。

なおデフラグの前に、自分でわかっている範囲の常駐ソフトは、すべて止めておくことを忘れないでください。
また、断片化の状態やディスクの容量によっては、デフラグはとても時間がかかります。(数時間単位)
時間に余裕のある時に行いましょう。

なお、Windows付属のメールソフト、Outlook Expressでも、時々ソフトを終了させる際などに「最適化が必要です」というお知らせが出ることがあります。
これはメールを保存している各フォルダが、削除と保存の繰り返しで「断片化」が進んでいるということなので、指示に従って最適化すればOKですよ。

テーマ : 初心者のために・・・
ジャンル : コンピュータ

tag : パソコン豆知識 Windows パソコン初心者

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。