スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拡張子を表示させよう

クラシック表示させたコントロールパネルのフォルダオプションを、ダブルクリックして開いてみましょう。
いくつかタブが並んでいます。
順に確認して、必要なら変更すれば良いのですが、一つだけどなたにでもやって欲しいことがあります。
「表示」タブを見てください。
フォルダオプションダイアログ

詳細設定欄の「登録されている拡張子は表示しない」に、チェックがついていたら、クリックしてはずしましょう。
「OK」してから、マイドキュメントなどを見ると、次のようにファイル名の最後に半角のドットと3~4文字の英数字が付いているはずです。
拡張子の表示
拡張子はファイルの種類や形式を表わす「目印」のようなもので、Windowsの仕組みを理解したり、他の人とファイルをやり取りしたりする時に、とても大事なのです。
ところがWindowsの初期設定では「非表示」になっています。
これは、拡張子を(間違って)書き換えたりすると、ファイルが開けなくなったりするため、初心者が気を使わなくてもいいようにという配慮?なのでしょうが、これでは全く勉強になりません。

「見えていないもの」に注意を払ったりする人はいませんよね。
ファイル名を変更する時、この拡張子の部分はいじらないようにすればいいだけなので、ぜひ表示させて少しずつ勉強しましょう。
パソコン初心者を卒業するには、拡張子を理解することが欠かせません。

コメントの投稿

非公開コメント

非公開コメントへの返信

★「 拡張子を表示する事で どのような理解の方向付けが出来るのでしょうか?」という質問に対してお答えしています。

拡張子は、ファイルの「種類や形式」を表しています。例えば、「.bmp」は、このファイルが「Windows標準の、無圧縮画像ファイル」であることを表しています。
画像ファイルだけでも他に多くの形式があり、それぞれ性質・特徴・用途が違います。また、色々な画像編集ソフトも、それぞれ扱えるファイル形式が違います。
さらに、自分のパソコンで扱っていた画像を、他者に(メールの添付ファイルなどで)見てもらう、ブログやHPなど「ネット上で公開する」場合に、「ファイル形式の変更」が必要なことがあります。
(そうしないと、画像が先方で「開けない」、ネットにアップできない・・・等の問題が起きることがあります)
画像以外にも、文書・音楽・動画・・・などなど、あらゆるファイルで同様なので、拡張子を理解していないとファイル形式に関するトラブルに会った時、その原因や解決法が分かりません。
(ネット上の質問サイトでは、その手の初心者質問が溢れています)

パソコンは特定の目的に特化した道具とは違い、あらゆるジャンルの作業に使えますが、それは「拡張子」で多種類のファイルを区別・管理しているからなのです。
つまり拡張子は、非常に基本的な事柄なんですね。
コンピューター独特のものなので、最初は難しく感じるかもしれませんが、それだけに拡張子に無関心なままだと、いつまでもコンピューターがブラックボックスのままで、「漠然とした不安」をかかえたままパソコンを使うことになってしまいます。
これではストレスの素です。
まずは拡張子を表示させて、ご自分が普段よく使っているファイルにどんな拡張子が付いているか、意識してみてください。
(表示させないことには「意識」もできません)
その拡張子名で検索すれば、種類・用途などがわかります。
よく使われる拡張子について、基本的な知識を持つことは、パソコンやネットを使う際に最低限必要だと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。