スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通知領域整理法

通知領域がたくさんのアイコンでゴチャゴチャしている時の、整理法を紹介しましょう。
まず、自分でインストールした常駐ソフトで、あまり使わないものはアンインストールすれば、通知領域からアイコンは消えてくれます。
しかしそれ以外にも、さまざまな「お知らせ系」アイコンなどが並んでいますね。
無駄に表示させたくない場合は、タスクバーのプロパティから表示方を変更できます。

タスクバーの何もないところを右クリック、「プロパティ」を選択します。
「タスクバー」タブです。
タスクバーのプロパティ

「通知領域」に関する部分、時計を表示させたくない方は、チェックをはずしましょう。
「アクティブでないインジケーターを隠す」は、チェックを入れたままにしておいた方がいいと思います。
さらに、右横の「カスタマイズ」をクリックします。
すると、こんなダイアログが出ますよ。↓↓↓
「通知領域のカスタマイズ」ダイアログ

個々のアイコンについて、表示方法が選べます。
できるだけ「常に非表示」や「アクティブでないときに非表示」を選べば、通知領域がスッキリするでしょう。
設定したら、順に「OK」をクリックしながら戻ってください。
通知領域を見ると、以前より少しスッキリしていませんか?
タスクバー全体の領域は限られているので、このようにしてスペースの無駄遣いを防ぎましょう。

なお、この方法で通知領域アイコンの表示方法が変更できないものは、コントロールパネルや、そのソフトの「オプション」等で設定します。
こちらで説明しています。

テーマ : 初心者のために・・・
ジャンル : コンピュータ

tag : パソコン豆知識 Windows

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。