スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「デスクトップ」ツールバーとは?

タスクバーの何もないところを右クリックすると、「ツールバー」のサブメニューの中に「デスクトップ」というのがあります。
タスクバーに「デスクトップツールバー」を作る

これは一体何でしょうか・・・・・ともあれ、クリックしてみましょう。
すると、タスクバーの右の方に「デスクトップ」と書かれた部分が出現します。
これは、ウィンドウを全画面表示にしていたり、たくさんのウィンドウでデスクトップのアイコンが見えなくなっていても、デスクトップ項目にアクセスできる、大変便利なツールバーなのです。

「デスクトップ」と書かれている横の>>をクリックしてみましょう。
デスクトップツールバー

デスクトップのアイコンが一覧でメニューとして出ましたね。
クリックしてソフトを起動させたり、横にサブメニューがあるものはそれを開いて、直接ファイルやフォルダを開けます。

この「デスクトップツールバー」の特徴は、非表示に設定しているデスクトップ項目も、メニューの中に出ることです。
デスクトップにアイコンを置くのが目障りで嫌な人は、このデスクトップツールバーを使えば便利ですね。
また、クイック起動のデスクトップボタンや、Windowsキー+Dのように、今開いているウィンドウを最小化してデスクトップを出すのでなく、ウィンドウはそのままでデスクトップアイコンにアクセスできるという点が、ポイント高いです。

新たにツールバーをタスクバーに作ると、タスクバーを右クリックした「ツールバー」項目のサブメニューに、そのツールバーの名前が出ますから、そのチェックをはずせばツールバーはなくなります。
必要なくなったら、このようにしてツールバーを削除しましょう。

tag : パソコン豆知識 Windows カスタマイズ

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。