スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神出鬼没のタスクバー

Windowsの初期設定では、タスクバーは常に表示され、しかも他のウィンドウよりも前に出ていますが、これは自由に変更できます。
少しでもデスクトップを広く使いたい、必要な時だけ表示されればそれでいい、という人は、次のことを試してみましょう。

タスクバーの何もないところを右クリックして、メニューから「プロパティ」をクリックします。

タスクバーのプロパティ

「タスクバーを自動的に隠す」「タスクバーをほかのウィンドウの手前に表示する」のチェックを、それぞれ好みで入れはずしすればいいのです。
「自動的に隠す」にチェックすると、タスクバーは一旦消えますが、ポインタを近づけるとちゃんと「出現」しますから、ご心配なく。
「手前に表示する」のチェックをはずせば、何かソフトで作業中、そのウィンドウの後ろにタスクバーが隠れるので、邪魔になりません。

ただし、言語バーを最小化してタスクバーに格納していると、タスクバーと一緒に消えたり、ウィンドウの後ろに隠れてしまったりするので、文字入力を頻繁にする人は、言語バーを独立させておいたほうがいいでしょう。

今回の「神出鬼没」ワザと、縦置き上置き&幅広などの「変幻自在」ワザを組み合わせれば、お好みのタスクバーが簡単に作れますね。

テーマ : 初心者のために・・・
ジャンル : コンピュータ

tag : パソコン豆知識 Windows カスタマイズ

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。