スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変幻自在のタスクバー

デスクトップ画面一番下の、「スタート」から横に長く伸びている領域を、タスクバーと言います。
実はこのタスクバー、「下」以外の場所へも自由に移動できるのです。
好みや使い勝手に応じて、色々試してみましょう。

通常、タスクバーは位置や幅が「固定」されているので、まずこの設定を解除します。
タスクバーの、何もないところを右クリックしてください。
タスクバーの右クリックメニュー

「タスクバーを固定する」にチェックが入っていたら、ここをクリックしてチェックをはずしましょう。

後はタスクバーにポインタを持っていき、デスクトップ右端・左端・上端などにドラッグしてみてください。
自由に動かせますね!
左右の場合は「縦置き」になります。

最近主流の横長モニタでは、「横が長い」と言えば聞こえはいいですが、場合によっては「縦が短い」のが気になることがあります。
少しでも縦を有効に使うために、タスクバーを「縦置き」してみるのもひとつの解決策ですね。

また、タスクバーの縁にポインタを近づけ、両矢印になった状態でドラッグすると、タスクバーの幅が変更できます。
幅を広くしたタスクバー

このようにしてタスクバーを変更した後は、再び右クリックして、「タスクバーを固定する」にチェックを入れておきましょう。
このチェックがはずれたままだと、何かの拍子に意図せずタスクバーをドラッグしてしまい、とんでもない位置に移動するなどして困るからです。

テーマ : Windows 全般
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。