スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辞書が消えた!?

先日、IMEに自分で登録しておいた単語辞書が、突然全く使えなくなりました。
たとえば「hd」と入力してスペースキーを押せば「ハードディスク」と変換されるはずなのに、「hd」のまま・・・。
言語バーの「ツール」⇒「辞書ツール」とクリックすると、辞書のウィンドウ内が真っ白で、何もない状態になっています。

要するに、辞書のファイルがなくなったか壊れたかして、使えなくなったようです。
自分でファイルを削除した覚えはないし、どうしてこうなったか原因は全くわかりません。
幸い辞書のバックアップがあったので、日付は1ヶ月半ほど前のものでしたが、それを読み込ませて「復帰」することができました。
200近い単語が登録してあったので、もしバックアップがなく1から登録し直すとなったら、大変な手間になるところでした。
バックアップの重要性を再認識!

では、登録した辞書のバックアップの方法を説明します。
言語バーの「ツール」⇒「辞書ツール」を順にクリック、辞書ツールウィンドウの「ツール」メニューを開きます。
辞書ツールのバックアップ

バックアップをとる時は、「一覧の出力」をクリックすると、ファイル保存のウィンドウが開くので、どこか適当な場所に保存します。
(この時のファイル形式は.txtになります)
保存した辞書ファイルは、USBメモリや外付けハードディスクなどの外部記憶装置にコピーしておきましょう。
これでバックアップは完了です。

バックアップしたファイルを元に戻す時は、「テキスト(.txt)ファイルからの登録」をクリックします。
ファイル選択のウィンドウが開くので、バックアップしておいた辞書ファイルを指定して開けば、それが読み込まれて、辞書が元の状態に戻ります。

一般に、「○○の出力」「エクスポート」などのメニューでバックアップファイルを作成し、「○○の入力」「登録」「インポート」などのメニューで、それを読み込む、という場合が多いようです。
ソフトの設定や登録したものが、何かのトラブルですべて失われることがないよう、日頃からバックアップはまめにとっておきましょう。

テーマ : トラブル
ジャンル : コンピュータ

tag : IME パソコン豆知識 バックアップ パソコントラブル

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。