スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォルダを別ウィンドウで開く

Windowsの初期設定では、フォルダをダブルクリックした時に、今開いているウィンドウのまま、フォルダ内を表示するようになっています。
メニューの「ツール」⇒「フォルダオプション」で、ダイアログを見ると、大抵はこうなっているはずです。↓↓↓
フォルダオプションのダイアログ

これは、一々新しいウィンドウを開いていると、デスクトップがウィンドウで溢れてしまうからですが、時にはウィンドウを別に開いて中を比べたり、項目の移動などしたいことがありますね。
そんな時は、Ctrlキーを押しながらフォルダをダブルクリックしてみましょう。
別ウィンドウが開きますよ。
別ウィンドウで開く

Ctrlキーを押しながらフォルダをダブルクリックすると、設定とは逆の開き方ができるのです。
ですから、もしフォルダオプションのダイアログで、「フォルダを開くたびに新しいウィンドウを作る」の方を選択しているなら、Ctrlキーを併用することで、同じウィンドウ内にフォルダを開くことになります。

どちらでも都合のいい設定を選んでおき、それとは逆のプロセスでフォルダを開きたい時は、Ctrlキーと併用すると良いでしょう。

テーマ : Windows 全般
ジャンル : コンピュータ

tag : Windows パソコン豆知識

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。