スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カタカナ変換便利ワザ

カタカナ変換、どうしてますか?
普通にスペースキーを押しても、変換候補の中にカタカナが入っていますが、一発でカタカナにするには、F7キーを使うことが多いようです。
でも、F7キーは上の方にあって押しにくいですよね。
タッチタイピングの人も、つい手元を見てしまうと思います。

そこでスペースキーの左横、「無変換」キーの出番です。
「無変換」キー

日本語モードで何か入力して、このキーを押してください。
一発でカタカナになりましたね?

「無変換」なのに、何故カタカナに変換できるのか妙な感じがしますが、これは「漢字に変換しない」という意味なのです。
キーを押すと順に、ひらがな⇒カタカナ⇒半角カタカナ・・・と変わります。
左手親指をちょっと内側に曲げて押せばいいので、F7キーと比べると手の位置をほとんど動かす必要がなく、とてもラクです。
私もパソコンを始めた当初は、F7キーでカタカナ変換していましたが、この「無変換」キーを知ってからは、こちら一辺倒です。

さてついでにもう1つ、カタカナ変換の方法をあげておきましょう。
「Ctrl+I」です。
一種のショートカットキーですね。
2つのキーを組み合わせるのが難点ですが、Ctrlキーさえ間違わなければ「I」はとても押し易い位置にあるので、こちらの方が便利だ、という人も多いでしょう。
ちなみに「Ctrl+U」はひらがな、「Ctrl+O」は半角カタカナに変換されます。
つまりU、I、Oと横に並んでいる順に、ひらがな、カタカナ、半角カタカナなんですね。

これに限りませんが、パソコンはある1つのことをするのに複数のやり方がある場合が非常に多いです。
「もっと簡単な方法がないのかなあ」と、調べたり追求したりする姿勢は大事ですよ。

テーマ : パソコン豆知識
ジャンル : コンピュータ

tag : パソコン豆知識 ショートカットキー

コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

> Ctrl+I…確かに便利!

私は「無変換」派ですが、Ctrl+Iの方が都合のいい方も多いでしょうね。
パソコンは、同じ結果を出すのにいくつも方法があることが多いので、使いやすい方法でやればいいと思います。
お役に立てて、嬉しいです。(^ ^;)

Ctrl+I…確かに便利!
私は見た目のスッキリ感に惹かれて英字キーボードを使用していますが、まず無変換キーが有りません^^;
なので普段はF7・8キーを使って変換していました。
こちらへは最初、タッチパッドを無駄にしない為にググって辿り着きましたが、いろいろ勉強に成る事が多く大変有難いです^^

yoさん、コメントありがとうございます。

スペースバーの長さのこと、あまり知りませんでした。
確かに長さが違うと、「無変換」キーの位置も違うので、押し間違いがあるかもしれませんね。
その時はCtrl+Iが便利ということですね。

おお、Ctrl+I は便利だ!
ベンリダ!
今まで無変換キーでやっていたが、キーボードによってスペースバーの長さが
いろいろ異なる今日この頃、Ctrl+I ならHappy Hack以外殆どのキーボードで
通用する!

byu5917様、
パソコンを再起動させても元に戻りませんか?
>カタカナにならず
・・・カタカナにならないで、何になったのでしょうか?
>キーがばらばらになってしまった
・・・・・どういうことなのか、意味が良くわからないのですが???

また、この記事は、WindowsのMS-IMEのことについて書いています。
他の日本語変換システム(ATOK等など)では、結果が違うことも有り得ます。

教えてください

突然、無変換でカタカナにならず、更に、ガキカッコなどもキーがばらばらになってしまったのですが、どうすればもどるでしょうか?
★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。