スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デスクトップ画面をそっくり保存

パソコンのデスクトップ画面をそっくり画像として保存することを、「キャプチャー」と言います。
ソフトの操作画面やエラーダイアログなどを、画像にして人に見てもらうと、簡単に説明できたり問題が解決しやすくなりますね。

Windowsでは専用のソフトを使わなくても、右上の方にあるPrintScreenキーで、デスクトップがキャプチャーできます。
ノートパソコンのキーボードでは、略してPRTSCなどと書いてあるので注意してくださいね。
プリントスクリーンキー

PrintScreenキーを押すと、クリップボードという一時記憶場所に、デスクトップ画面全体が取り込まれます。
この後、「すべてのプログラム」⇒「アクセサリ」⇒「ペイント」を起動して、メニューの「編集」⇒「貼り付け」をクリックすれば、先ほどのデスクトップ画面全体が、作業画面に貼り付きますよ。
後は必要な部分だけ切り抜いたり、縮小したりなど、好きに編集して保存すればよいわけです。

ペイント以外の、他の画像編集ソフトに貼り付けてもOKです。
ソフトによっては単に「貼り付け」ではなく、「クリップボードから開く」「クリップボードから貼り付け」などの表示になっていることもあります。
「ファイル」または「編集」メニューを開いて確認してみましょう。

また、PrintScreenキーとALTキーを一緒に押すと、アクティブなウィンドウだけをキャプチャーできます。
これも知っていると便利ですね。
なおWindowsのキャプチャー機能は、このショートカットキー以外の操作はありません。

ですがこの方法は、いちいち画像編集ソフトに貼り付けて保存する手間がかかり、連続してたくさんキャプチャーしたい時には面倒です。
また、マウスポインタや「ようこそ」画面など、キャプチャーできないものもあります。

そういった用途には、やはり専用のキャプチャーソフトを使うといいでしょう。
私はWinShotを愛用していますが、他にもフリーソフトでたくさんあります
指定したフォルダに連番で自動保存できるなど、便利な機能がたくさんついていますよ。
お好みのものを探してみてください。

テーマ : Windows 全般
ジャンル : コンピュータ

tag : Windows パソコン豆知識 ショートカットキー

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。