スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カスタマイズで初心者卒業

OSや各ソフトの設定を自分好みに変えることを、カスタマイズと言います。
これがパソコンのとてもいい勉強になるんですよね。
自然とWindowsの仕組みがわかり、パソコンがとても使いやすくなって、ラクに楽しく作業できるようになります。
そして何よりも、「パソコンに使われる」のではなく「パソコンを使う」という意識に目覚めることができます。

私は初めてパソコンを買って1ヶ月くらいの間は、デスクトップにコントロールパネルのショートカットを作っておき、毎日のようにあちこちの設定ダイアログを開いてはいじっていました。
3ヵ月後には自分でポインタのファイルを作ったりして・・・・・ちょっと変なオバサンかもしれません。(笑)
とにかく、自分をパソコンに合わせるのではなく、パソコンを自分に合わせるのだ、と頑張ったのです。
パソコン(パーソナル・コンピューター)の本当の意味は、1人が1台持っているということではありません。
1人1人の目的や要求に合わせた、特別仕様のコンピューターということなのです。
これが、パソコンと家電の最も違う点です。

例えば、フォルダウィンドウのツールボタンはこんな風にしています。
カスタマイズしたツールボタン

ブラウザのツールボタンも、かなりいじっていますね。
いずれも、表示(あるいは非表示)項目を選び、位置も変えています。
初期状態のまま使って悪い、というわけではありませんが、与えられた状態にそのまま従うのでなく、自分から積極的に環境改善する、という姿勢が大事なのです。

アイコンも自分で作ってしまいました。↓↓↓
自作のアイコンファイル

アイコンやポインタのファイルを作るために、画像形式について調べたり、作成ソフトを探したりする過程で、パソコンでグラフィックを扱う際に必要な知識が自然と身に付き、それが今とても役に立っています。

使いやすくカスタマイズしたパソコンで「何をやるか」が大事なのであって、カスタマイズ自体が目的になってしまってはいけませんが、「使いにくい」「面倒だ」・・・とパソコンに文句を言う前に、自分で環境改善できないか考えてみましょう。
勉強にもなり一石二鳥ですよ。

テーマ : パソコン豆知識
ジャンル : コンピュータ

tag : カスタマイズ パソコン初心者

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。