スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しいことにパソコンを使おう

パソコン上達の早道は、自分にとって楽しいことにパソコンを使う、これに尽きます。
ですが「パソコン」と「楽しい」が、なかなか結びつかない人が結構いるようです。
大抵は仕事で否応なしにパソコンと向き合って(と言うより向き合わされて?)いる人達です。
上司に命令された面白くもない作業を、仕方なくこなすための道具としてしかパソコンに向かったことがなければ、パソコン嫌いになるのも仕方ないかもしれません。

嫌々やっているから、操作を覚えるのも苦痛だし、ストレスも溜まる、だからますます嫌いになり・・・という悪循環ですね。
これは大変不幸なことです。
好むと好まざるとにかかわらず、仕事でも私生活でもパソコンと無縁ではいられないのが現代社会です。
この傾向は、今後相当な間続くと思われます。
だったらパソコンと仲良くなった方が、断然トクですよね。
実際パソコンは、「楽しいこと」に使えば「楽しい道具」になるのです。

現在、特に高性能でなくてもごく普通のパソコンで、静止画像、音楽、動画の作成・編集ができます。
また、インターネットと組み合わせると、パソコンをFAXやテレビ電話にしたりもできます。
もちろんゲームだって楽しいのですが、ゲームはただ時間を消費させられるばかりで、「パソコンを自分の道具にする」という意味では、あまり勉強にはなりません。

簡単なことでもいいので、何か創造的なこと(よく「クリエイティブな」とか言いますが)をパソコンでやってみると、パソコンの便利さや楽しさがわかると同時に、自分の意志を上手くパソコンに伝えるコツが身につきます。
一例をあげると、「デジカメ写真で音楽付きスライドショーを作る」のはどうでしょうか。
デジカメ写真をパソコンに取り込んでいる人は多いと思いますが、大抵はそのままで、時々見たりプリントしたりするだけではありませんか?
これをちょっとした「作品集」にしてみるのです。

まずスライドショーソフト(たくさんあります)を検索して探し、ダウンロードしましょう。
ヘルプを読んで、とりあえず使ってみます。
画面の切り替え効果など工夫してみてください。
BGMを流したいなら、CDなどから音楽をパソコンに取り込む必要もありますね。
また、写真に文字を入れたり、タイトルやエンディングの画像も欲しいと思うかもしれません。
「こうしたい」と思うことがあったら、必ず実現する方法がありますから、自分で調べて色々やってみましょう。
すべてWindowsの付属ソフトやフリーソフトでできるはずです。
ですからお金の心配は要りません。(←これがパソコンのスゴイところです!)

うまく行かない時は、どこかに原因があります。
自力で問題解決するのもいい勉強になるので、頑張りましょう。
どうしてもわからなければ、ネットで質問すると善意の誰かが答えてくれるサービスを利用するのも手です。
こうして何とかスライドショーができたら、ニンマリしながら(しなくてもいいですが)何度も見てみます。
初めての時は、結構な満足感と達成感がありますよ。

パソコンを操作する、というのは結局「自分の意志をパソコンに伝える」ということなのです。
パソコンで「創作」することは、伝え上手になる一番楽しくて役に立つ勉強方法ではないでしょうか。

テーマ : 初心者のために・・・
ジャンル : コンピュータ

tag : パソコン初心者

コメントの投稿

非公開コメント

★ カテゴリー ★
全ての記事

全ての記事を表示する

最新のコメント
お役立ちサイト
訪問者数
★ 最新の記事 ★
スポンサードリンク
サイト内検索
管理人のWebサイト
★ランキング参加中★

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。